【ZERO1】2020年最終試合に勝利した大谷『僕達の抗体検査プロレスで1人でも多くの方達に安心と元気を発信していきたい』12.27抗体検査プロレスin栃木市

 プロレスZERO1は2020年のラストバトルとなる、子供のいじめ撲滅 元気ハツラツ~本当に強い人はいじめなんてしないし何度でも立ち上がる~抗体検査プロレスin栃木市を開催した。

25日の新宿大会で風林火山タッグトーナメント2020に優勝、今成夢人と第44代インターコンチネンタルタッグ王者となった大谷晋二郎は、最終試合を勝利で飾りコメント。

「2020年最後の試合が終了しました。晴天の下、栃木市での抗体検査プロレス。安心と元気を発信する抗体検査プロレス。今日も抗体検査を終えて安心し笑顔を見せてくださったお客さん。そして抗体検査後のプロレスでは、しっかりガイドラインを守りながらプロレス観戦をしてくださいました。まだまだ来年もコロナ禍は続きますが、僕達の抗体検査プロレスで1人でも多くの方達に安心と元気を発信していきたいと思います。今年2020年、プロレスを応援し支え続けてくださった皆様、本当に心の底からありがとうございました!2021年も宜しくお願いいたします!」

一般社団法人あなたのレスラーズ後援
子供のいじめ撲滅 元気ハツラツ~本当に強い人はいじめなんてしないし何度でも立ち上がる~抗体検査プロレスin栃木市
日時:2020年12月27日 (日) イベント開始12時00分~(開場11時30分)※10時00分~抗体検査
会場:栃木県・栃木市旧警察署跡地イベント広場

第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負
永尾颯樹×(7分59秒 ラクダ固め)○横山佳和

第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
大谷晋二郎&○北村彰基(18分45秒、ジャーマンスープレックスホールド)岩﨑永遠&馬場拓海×

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事