【WWE】王者レインズが高所から因縁のオーエンズを投げ飛ばしてテーブル葬

日本時間1月2日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。
 

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆王者レインズが高所から因縁のオーエンズを投げ飛ばしてテーブル葬

“トライバルチーフ”ことユニバーサル王者ローマン・レインズが従兄弟ジェイ・ウーソに勝利したオーエンズを高場から投げ飛ばしてテーブル葬にした。

ジェイ&ポール・ヘイマンと共にオープニングに登場したレインズは「WWEの顔として新年おめでとう。2020年はタフな年だったが、トライバルチーフとしてジェイをメイン戦出場できるように導いた」と話していると、話を遮るようにオーエンズがステージに登場した。

レインズは「何しに来た?出ていけ!お前とは何もするつもりはない」と拒絶したが、オーエンズは「お前は俺のキャリアを終わらせようとしたが、俺はここにいる。今日はお前ではなく、ジェイと対戦だ。レインズの代わりにジェイが代償を払うことになる」と挑発した。

オーエンズがプロデューサーのアダム・ピアースを説得して2人はメイン戦で激突すると、報復を狙うオーエンズがセントーン2発を叩き込み、ジェイの左足を踏みつけて集中攻撃。さらにジェイが反撃を狙ったフロッグスプラッシュの着地で左足を痛めると、その隙にオーエンズがスタナーを叩き込んで3カウント。

試合後、快勝したオーエンズは先週のお返しとばかりにジェイに手錠をして暴行を加えると「ローマンはどこだ」とレインズを挑発した。

オーエンズは「来ないなら、こっちから行ってやる」とバックステージに向かったが、待伏せしていたレインズがオーエンズを襲撃すると、ファンが映し出されるLEDスクリーンの前でジェイと共にパイプ椅子攻撃を放ち、最後はレインズが高所からオーエンズを投げ飛ばしてテーブル葬にした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事