長瀬館長が自身の披露宴試合でサスケとの“友情タッグ”で激勝!藤波辰爾、武田幸三もビデオメッセージを寄せる

 プロレス団体ファイト・オブ・ザ・リング(以下、FOTR)を主宰する長瀬館長が16日、東京芸術センター・ホワイトスタジオで、「長瀬館長披露宴プロレス」を開催。長瀬館長は“東北の英雄”ザ・グレート・サスケとの友情タッグで激勝し、自身の披露宴試合を白星で飾った。

 広島県福山市出身の長瀬館長は大学2年のときに、学校を中退して米国で打撃系格闘技の修行を積む決意をした。アルバイトで資金を貯めて、単身渡米し、“伝説のキックボクサー”ベニー・ユキーデ主宰のジェットセンターに所属した。キックボクシングのほか、空手、テコンドーの試合を行い、全米空手選手権にも出場。テコンドーのカリフォルニア州大会では3位に入る好成績を残した。

 そして、メキシコに渡って、孤児院の維持費を稼ぐために覆面レスラーとして、リングに上がり続けた、カトリック神父フライ・トルメンタに師事し、トルメンタのタッグパートナーとしてプロレスでもデビューを果たした。

 以後、メキシコ、米国、英国、豪州などを世界各国を転戦。WMWミドル級,ラテンアメリカ選手権などを奪取し、15年にはエル・マテマティコ、ブラックマン、ネグロ・カサス、エル・イホ・デル・サントらの名ルチャドールも腰に巻いた、伝統あるUWA世界ライト級王座(第18代)にも戴冠。国内ではFOTRを設立し、昨年2月にはデビュー25周年記念試合を行った。現在はWISH代表として、プロレス事業などを手掛けながら、プロレスラーとしてリングに上がっているインディー界の雄だ。

 その長瀬館長が同年9月3日に絵美さん(旧姓藤間)と入籍し、披露宴で自ら試合をすることになった。プロレス関係者などの結婚式でプロレスの試合が行われることはあるが、自身の披露宴で自ら試合をするのは前代未聞だ。

妻の絵美さんは幼少の頃、プロレスファンだった兄の藤間則之さんに連れられて埼玉県下の会場で観戦。その際、アブドーラ・ザ・ブッチャーの試合の場外乱闘に巻き込まれ、則之さんとはぐれてしまったのだという。迷子になって泣いている絵美さんを優しくあやしてくれたのが藤波辰爾だった。プロレスがきっかけとなり、その後、長い月日を経て、長瀬館長と絵美さんが結ばれることになったが、長瀬館長は「お兄さんがいなければ、2人が出会うことはなかった」と力説している。

 披露宴では、縁があった藤波のほか、長瀬館長と交流があり、K-1などで活躍したレジェンドキックボクサーの武田幸三がお祝いのビデオメッセージを寄せるビッグサプライズも。

そのほか、キックボクシング元UKF世界スーパーウエルター級王者・黒田英雄氏が来場し、リングであいさつした。

 披露宴の後、全3試合が組まれ、長瀬館長とゆかりある10選手によるバトルロイヤル、田馬場貴裕(USヘビー級王者)VSザ・ブルーシャーク(ミッドアトランティックUSヘビー級王者)のダブルタイトルマッチの後、大トリで主役の長瀬館長が登場。特別リングアナは、則之さんが務めた。

 長瀬館長はこれまで何度もコンビを結成してきたサスケと友情タッグで出陣し、5代目ブラック・タイガー、リッキー・フジ組と対戦。

相手チームは長瀬館長の左腕を徹底攻撃、ブラックは何度も急所蹴りを見舞い、長瀬館長は窮地に陥った。

しかし、長瀬館長は得意のキック連打で流れを変えた。

10分過ぎ、リッキーが羽交い締めにした長瀬館長めがけてブラックがラリアットにいくも、長瀬館長が交わして誤爆。

すかさず長瀬館長がリッキーにジャーマン・スープレックス・ホールドを決めて3カウントを奪取し、自らの披露宴試合を勝利で飾った。

 イベント終了後、長瀬館長は「バタバタして試合に集中できないところはありました。妻がお父さんとバージンロードを歩きたいということで、やることになったんですが大変でした。でも、お兄さんは大活躍してくれましたし、なんとか乗り越えられてよかったです」と安堵。絵美さんは「手作りのイベントで、周りの方々に助けていただいて、成功だったかなって思います。私も楽しめました。藤波さんのファンで、結婚して、(あいさつに行って)またお会いできるとは想像もつかなかった」と笑みを見せた。則之さんは「(リングアナは)なかなか難しかったけど、いい思い出になりました」と話した。

 なお、長瀬館長が主宰するFOTR次回興行は2月11日、東京・板橋区高島平区民館大会(17時開始)の予定だが、同7日までの緊急事態宣言が延長される可能性もあり、予断は許さない状況。長瀬館長は「やることになったら、リスクを減らして、可能な限り、採算度外視で感染症対策を施してやりたい」とコメントした。

<各試合ダイジェスト>
★第1試合


 長瀬館長の結婚を祝うべく、長瀬館長とゆかりある10選手が参加してバトルロイヤルが行われた。次々に選手が退場していき、大和ヒロシとHⅡの2人が残る。ニールキックを見舞うなど粘ったHⅡだが、大和がバックドロップ、ラリアット、逆エビ固めとたたみかけた。

最後は逆片エビに移行して、ギブアップを奪い、大和が優勝。

★第2試合
 ダブルタイトル戦はオーバー・ザ・トップロープ、ドリル・ア・ホール・パイルドライバー、トップロープからの攻撃が禁止されるルール。

両者とも、格闘系ファイターとあって、激しい蹴り、関節技の攻防となったが、1本目はブルーシャークがシャークバイデスロックでギブアップを奪った。

2本目はロープ際でブルーシャークがショルダースルーにいったところ、田馬場がトップロープ越しに場外に転落したため田馬場の反則勝ち。3本目は田馬場がミドルキックを連打、5発目を交わしたブルーシャークはローリングソバットからハイキック。

すぐさま立ち上がった田馬場はハイキックを返したが、両者ともダメージが大きく、ダウンして両者KOとなった。

<試合結果>
「長瀬館長披露宴プロレス」
1月16日(土)東京・東京芸術センター・ホワイトスタジオ(17時開始) 来場者数未発表

1.バトルロイヤル(10人参加)時間無制限
○大和ヒロシ(8分27秒、逆片エビ固め)HⅡ
※退場順=ZIMA吉田&松崎和彦、セダーTAKUYA、326、HASEGAWA、佐野直、レザーフェイス、デスゴッド

2.USヘビー級&ミッドアトランティックUSヘビー級両選手権 61分3本勝負
△<US王者>田馬場貴裕(1-1)ザ・ブルーシャーク<ミッドアトランティックUS王者>△
1本目 ○ブルーシャーク(2分52秒、シャークバイデスロック)田馬場●
2本目 ○田馬場(1分1秒、反則勝ち)ブルーシャーク●
※オーバー・ザ・トップロープ
3本目 ▲田馬場(2分51秒、両者KO)ブルーシャーク▲
※ブルーシャークのハイキック→田馬場のハイキック
※田馬場はUS王座を6度目、ブルーシャークはミッドアトランティックUS王座を3度目の防衛に成功

3.タッグマッチ 60分1本勝負
○長瀬館長&ザ・グレート・サスケ(11分4秒、ジャーマン・スープレックス・ホールド)5代目ブラック・タイガー&リッキー・フジ●

(写真撮影=伊藤健史)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事