【スターダム】赤いベルトの王者・林下詩美が舞華との柔道対決を制してV2!詩美「舞華、本当に強くてスゴい手こずっちゃった」次期挑戦者はフェニックス上谷沙弥!1.17 後楽園『スターダム10周年記念日』

スターダムは17日、東京・後楽園ホールにて『スターダム10周年記念日』を開催した。


ワールド・オブ・スターダム選手権試合は王者・林下詩美が挑戦者・舞華を相手に2度目の防衛戦を行った。柔道を自身の格闘技歴とする2人は1年前にはフューチャー・オブ・スターダムのベルトをかけて戦っている。今回は団体最高峰の赤いベルトをかけた戦いだ。

『スターダム10周年記念日』
日時:2021年1月17日(日) 
会場:東京・後楽園ホール
観衆:713人(コロナ対策限定人数)

互いに柔道をバックボーンに持つもの同士の対決。プロレス歴では先輩である林下詩美に舞華は思いを込めた投げを打つ。

意地の張り合いでも負けられない両者。強烈なビンタ合戦を展開。

舞華は締め技であと一歩まで迫る。

最後は詩美のパワーと意地が舞華を上回りBTボムから3カウントを奪った。

▼ワールド・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
【王者】〇林下詩美 vs 舞華✖【挑戦者】
24分12秒 BTボム→片エビ固め
 
 
詩美「2度目の防衛、成功しましたー! 舞華、本当に強くてスゴい手こずっちゃった。でも、私は赤いベルトのチャンピオン、絶対に負けられない。でも、最高の相手・舞華と闘ったおかげで、この赤いベルトの価値も上がったよ、ありがとう。そしてこの価値がグングン上がってる赤いベルト、次の防衛戦、やりたい場所があります。3月3日、日本武道館。そこでこの赤いベルトの防衛戦をやりたいです。もちろんメインイベントでしっかり私が赤いベルトを守り切って、未来の、これからの時代のスターダムに続けていきたいと思います」
 

上谷沙弥がリングへ。

上谷「QUEENS QUESTアフロディーテの上谷沙弥です。詩美さん、日本武道館で私がその赤いベルトに挑戦したいです。まあ、でも私はなんの実績もないですが、でも、今日スリー取ったスタークラッシャーもありますし、そして伝説の技フェニックス・スプラッシュもあります。日本武道館で私が詩美さんからスリー取ります!」

詩美「フェニックス・スプラッシュ、すごいよ。確かに、すごい技だと思うよ。でも、それだけで勝負ができると思ってる? 私は上谷とこの赤いベルトを懸けて闘うのは正直、不安ばかりだよ。でも、上谷との試合は最高な試合にできる自信もある。この10周年を迎えたスターダムが、団体が私と上谷の未来に期待してくれてるなら、やってもいいのかなって気もするけど、でも…」

上谷上谷「私がスターダムの未来を作る。私がスターダムの未来だーーー!」

詩美「私だって未来のスターダムを先陣切って突っ走ってる。今日は私が赤いベルト防衛したということで私が締めたいと思います。皆さんご起立ください。スターダム、10周年記念大会、みなさん、こんなにたくさんのみなさんご来場ありがとうございました。これからも私が、QUEENS QUESTが、新しい時代のスターダムが作っていく未来をみなさんどうぞ楽しみにしていてください。いまを信じて、明日に輝け?誰を信じるかは自分で決めろ、バウ・ダウン・トゥ・ザ・クイーンズ!」

詩美のコメント

「赤いベルト2度目の防衛に成功しました。この10周年記念大会という大事な舞台のメインイベント、赤いベルト、相手に舞華。誰ですか、舞華じゃまだまだ挑戦が早すぎるだとか、舞華じゃ詩美と実力(差)がありすぎる、赤いベルトにも早すぎるって言ったの誰ですか? きょう舞華との試合でこの赤いベルトの価値、グンと上がったんじゃないですか。きょうの試合こそが私が作っていきたいスターダムの新時代の試合です。これからも私が赤いベルトを防衛し続けて、新時代の私が作っていくスターダム、楽しみにしていてほしいです。

――上谷選手が挑戦表明してきたが?

「挑戦したいということは言われて、ちょっと考える時間はもらったけど、やっぱり何度考えてみても上谷は私に勝ったこともない、フューチャーのベルトも取れなかった。なのにこの赤いベルトに挑戦したい。1・5東京ドームであの大技、フェニックス・スプラッシュを1回決めて勝利した。それだけで挑戦したいと。赤のチャンピオン・林下詩美からしたら、そんなにこのベルトは甘くない。そんな数回の勝利で挑戦できるベルトじゃない。けど、上谷の実力をよく知ってるのも本当です。上谷との試合、シングルマッチでは最高の試合ができる自信ももちろんあります。もしスターダムが私たちに期待してそのカードを望むのなら、私は上谷とこの赤いベルトを懸けて試合してもいいかなという気持ちもあります」

――そのカードに決まったら決まったで武道館にふさわしい試合になる自信はある?

「そうですね。後楽園も素敵な会場ですが、武道館はさらに大きい会場になるので。100%上谷となら、という自信は、あるわけではないですけど、近くで見てきた上谷の成長ぶりを見ていれば、ここで、きょう私に言われた言葉をしっかり受け止めて、自分でこれからどれだけ短期間で成長するかで私たちの3・3日本武道館の大会のクオリティーが変わってくるんじゃないかと思います」

――この世代の2人で後楽園のメイン、赤いベルト戦ができた感慨はある?

「そうですね。約1年前、私と舞華、初めてのシングルマッチはフューチャーのベルトを懸けて試合をしました。そして1年後、同じ対戦カードで今度はこの団体最高峰の赤いベルトを懸けて試合しました。それほど1年でのスターダムの時の流れの早さ、選手の成長の早さをすごく感じています。スターダムの未来の明るさが伝わってるんじゃないでしょうか」

(写真提供:スターダム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事