【WWE】KUSHIDAが新技でガルガノを沈めてタッグチームクラシック1回戦突破

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

KUSHIDA&レオン・ラフがダスティ・ローズ タッグチームクラシック1回戦で因縁のジョニー・ガルガノ&オースティン・セオリーと対戦し、KUSHIDAが新技ハンマーロック・スープレックス・ホールドでNXT北米王者ガルガノからピンフォールを奪取して1回戦を突破した。

試合序盤、KUSHIDAはラフと連携したダブル・アーム・ブリーカーやダブル・エレファントキックでセオリーに攻め込むと、ガルガノ&セオリーもお返しとばかりにダブル・バックエルボーで応酬して白熱の攻防を展開。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはKUSHIDAがセオリーの牛殺しやガルガノのスーパーキックを食らってピンチに陥るも、ラフがドロップキックから場外へのセントーンでセオリーを蹴散らして救済すると、最後はKUSHIDAがガルガノにマサヒロ・タナカから新技のハンマーロック・スープレックス・ホールドを決めて3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

再びNXT北米王者からピンフォールを奪ったKUSHIDAはトーナメント2回戦に進出し、次戦では昨年のタッグチームクラシック1回戦で敗戦したグリズルド・ヤング・ベテランズと対戦することが決定した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事