【WWE】KUSHIDAがダスティ杯2回戦敗退も襲撃された王者ガルガノに対戦要求

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEは日本時間1月29日にNXTを配信、KUSHIDA&レオン・ラフがダスティ・ローズ・タッグチームクラシック2回戦でグリズルド・ヤング・ベテランズ(ザック・ギブソン、ジェームス・ドレイク)と対戦した。

序盤、KUSHIDAはギブソンとのグラウンドの攻防からアーム・バーを狙うと、交代したラフも華麗に攻撃を交わしてドロップキックをドレイクに放った。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにKUSHIDA&ラフが連携したダブル・アームブリーカー&ドロップキックでドレイクに攻め込むと、終盤にはKUSHIDAのダブルハンドスプリング・エルボーからラフがミサイルキックやセントーンをギブソンに決めて止めを狙ったがこれをドレイクが妨害。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

するとそのままドレイクがエプロンのKUSHIDAをドロップキックで蹴散らすと、最後は2人が連携したチケット・トゥ・メイヘムでラフを沈めて3カウント。KUSHIDAラフはダスティ・ローズ タッグチームクラシック2回戦で無念の敗退となった。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに試合後にはNXT北米王者ジョニー・ガルガノ&オースティン・セオリーがKUSHIDAラフを襲撃。KUSHIDAはガルガノのスーパーキックやワンファイナルビートDDTを食らって撃沈したが、リングサイドにデクスター・ルミスが現れるとガルガノ&セオリーは退散した。

その後、KUSHIDAは「魚が僕のフックに引っかかった。ガルガノと対戦させろ」と自身のツイッターで対戦要求した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事