【DDT】DDTサウナ部が1・28新宿の借りを返し、KO-Dタッグ王座前哨戦に激勝!王者の樋口和貞&坂口征夫もいよいよ火がついた

 2月23日、愛知・名古屋国際会議場大会でKO-Dタッグ王座(王者は樋口和貞、坂口征夫)に挑戦するDDTサウナ部の竹下幸之介、MAO組が前哨戦を制して、やり返した。

 1月28日の東京・新宿FACE大会では、KO-Dタッグ、DDT UNIVERSAL両王座戦のダブル前哨戦(樋口、坂口組VS竹下、上野勇希組)が行われ、坂口が上野を絞め落として「イラプション」が完勝。2月14日、神奈川・カルッツかわさきで上野が持つUNIVERSAL王座に挑む坂口はサウナ部をこき下ろして、ベルト奪取とタッグ王座防衛を宣言していた。

 1・31板橋のセミファイナルで、竹下、MAO組が坂口、渡瀬瑞基組と激突。坂口のキック、関節技に苦しみながらも、サウナ部は連係も冴え渡り、しっかり応戦。最後はMAOが雪崩式みちのくドライバーⅡを決めてフォールを奪い、1・28新宿の借りをキッチリ返した。

 MAOは「この間の新宿では随分やってくれたね。私はセコンドだったので、何もできずに歯がゆい思いをしましたけど。見たか、このザマは! この間、『これが闘いだ』って言ったよな? これも闘いだよ。楽しみましょう」とマイク。

 坂口は「これだよ。俺が求めてるのは。できんじゃないか。ヒリヒリしてきたよ。全員完全に殺してやる。カルッツ、名古屋、戦争だ!」と臨戦態勢に入った。

 バックステージで、坂口が「やりゃできるんじゃないか。やるかやられるか。燃えてきた。ヤル気スイッチ入った。カルッツ、名古屋、最初からその気で来い!」と言えば、パートナーの樋口は「アイツらの実力はわかってるけど、やっと来たな。こっちはエンジンかかってたけど、ヤツらもエンジンかかってきた」とコメント。

 MAOは「今日はこっちが完全勝利。一進一退を楽しもう」と話し、竹下は「俺らはたまにはやってやる」と意気軒高に語った。

【大会名】新春ドラマティック・イタバシリーズ2021
【日時】2021年1月31日(日)
【会場】東京・板橋グリーンホール
【観衆】101人(超満員)

オープニングマッチ 3WAYマッチ 30分一本勝負
○大鷲透 vs アントーニオ本多● vs 中村圭吾●
8分23秒 ダブルスクールボーイ

第二試合 30分一本勝負
火野裕士&マッド・ポーリー&○島谷常寛 vs クリス・ブルックス&岡田佑介&小嶋斗偉●
12分21秒 変形キャメルクラッチ

第三試合 若手通信世代vsDDTレジェンド軍! 30分一本勝負
●彰人&平田一喜 vs HARASHIMA&男色ディーノ○
10分56秒 漢エビ固め
※地獄刀

第四試合 30分一本勝負
樋口和貞&○納谷幸男 vs 上野勇希&勝俣瞬馬●
10分18秒 体固め
※バックドロップ

セミファイナル 30分一本勝負
坂口征夫&●渡瀬瑞基 vs 竹下幸之介&MAO○
14分5秒 片エビ固め
※雪崩式みちのくドライバーⅡ

メインイベント DAMNATIONvs準烈! 30分一本勝負
遠藤哲哉&佐々木大輔&●高尾蒼馬 vs 秋山準○&大石真翔&岡谷英樹
20分40秒 体固め
※スターネスダストα

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事