【WWE】アスカ&シャーロットが父リック&レイシーの妨害でタッグ王座陥落

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間21日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPVロイヤルランブル」がライブ配信された。

王者アスカ&シャーロット・フレアーが強敵シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスとPPV「ロイヤルランブル」キック・オフのWWE女子タッグ王座戦で激突した。

試合前、アスカは「やったるわ!シェイナ&ナイアはシャーロット&アスカに敵わない」と意気込むと裏拳からミサイルキックやダブル・ニーをナイアの顔面に放って攻め込んだ。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、アスカがシェイナに捕まって解説席へ投げ飛ばされると、1人残ったシャーロットが奮闘して場外へのムーンサルトでシェイナ&ナイアを粉砕したが、ここで父リック・フレアーが登場して妨害。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに因縁のレイシー・エバンスもエプロンから挑発する中、シャーロットが2度のフィギュア・エイトでシェイナに止めを狙ったが、レイシーがウィメンズ・ライトをシャーロットの顔面に叩き込むと、最後はナイアがレッグドロップをシャーロットに叩き込んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカ&シャーロットは父リック&レイシーの妨害で王座陥落し、シェイナ&ナイアが新WWE女子タッグ王者となった。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事