【スターダム】SWA世界選手権で朱里が防衛!朱里「自分の蹴りで、勝つことができました」2.13 後楽園『Go to BUDOKAN! STARDOM Valentine Special Day-1』

スターダムは13日、東京・後楽園ホールにて『Go to BUDOKAN! STARDOM Valentine Special Day-1』を開催した。

SWA世界選手権試合では王者・朱里に挑戦者・AZMが激しくぶつかり合った。AZMの巧みなスピードと空中殺法が光ったが朱里が“モノの違う”打撃と関節技で応戦した。

『Go to BUDOKAN! STARDOM Valentine Special Day-1』
日時:2021年2月13日(土)
会場:東京・後楽園ホール
観衆:549人(コロナ対策限定人数)

AZMは場外の朱里へダイビングフットスタンプを敢行

▼SWA世界選手権試合 30分1本勝負
【王者】〇朱里 vs AZM✖【挑戦者】
16分26秒 バズソーキック→片エビ固め

朱里「AZMちゃんが行っちゃったけど、本当に今日AZMちゃんと防衛戦ができて本当にうれしかったです。ありがとうございました! AZMちゃんはまだまだ若い、そして成長も早い。また次に当たるとき、違ったAZMちゃんを堪能させてよ、ありがとうございました! あと3月3日、日本武道館、私のカードがまだ決まってません。私が望むカードをいま言わせてください。SWA防衛戦、そして私の愛弟子、小波! あら? 小波…いた。私はずっと小波とやりたかった。で、スターダムで再会できたのは本当にうれしく思っているよ。私たちだけの世界を試合で見せ合えると思う」

リング上に小波を呼び込む朱里

小波「師匠! いや朱里。最高のカードをありがとうございます。しかし! いま私は、いまこのリングに、アナタを越えるために立っています。3月3日、日本武道館、私の関節地獄で朱里越えをします。ジ・エンド!」

 
 
<バックステージ>
 
朱里のコメント

「SWA防衛しました。AZMと5★STARで3カウント取られて、今日、自分の蹴りで、勝つことができました。AZMちゃんはホントに若いし、これからも成長して、どんな姿を見せてくれるかホントに楽しみです。そして今日、白いベルト、SWAのベルト、同じ日に(カードを)組んでほしいと自分が言わせてもらいました。同じ日に組むことができた。メインでどんな試合になるかわからないですが、白とSWAのベルトを同じ日にやる。このSWAに注目させて、このSWAのベルトの価値をどんどん上げていく。それは、私の思いであるので、言って同じ日に組まれたことが、ホントにうれしいです。SWAの価値を上げてプラス、もちろん赤いベルトも狙ってるので、それも時期が来たら言おうかなと思ってます。今回、小波を指名させていただきました。私の愛弟子、ホントにいろんな思いがあります。やりたいとずっと思ってました。3月3日いろんなカードがあります。そのなかで、小波との思い、世界観、みなさんに見ていただきたい。小波と感じ会いたい、そう自分は思ってます」

――いまの小波をどのように見ている?

「そうですね、自分が小波と離れていた時期があったんですけど、スターダムに入ったことで活躍を聞いてホントにうれしい気持ち。大丈夫かな、大丈夫かなという気持ちがずっとありました。でもこうやって巡り会うことができたというのは、ホントにつながってる。小波との絆があるんじゃないかなと自分は感じているので、3月3日、小波とこのベルトを懸けて試合がしたいです」

――関節技勝負になる?

「なる気がしてますね。まあどうなるか、当日にならないとわからないですけど、やっぱいろんな試合があるので、そこに埋もれないために2人だけのなにかを見せたいなと、もし組まれたら思ってます」

(写真提供:スターダム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事