【新日本】『Road to CASTLE ATTACK』<2.15後楽園大会>全試合結果

新日本プロレスは2月15日(月)、東京・後楽園ホールで『Road to CASTLE ATTACK』第2戦を開催。

メインでは2.28大阪城ホール大会でIWGPインターコンチネンタル選手権の前哨戦として、飯伏幸太&永田裕志vs内藤哲也&鷹木信悟のタッグマッチが行われた。

そしてオカダとEVILの遺恨がますます激化。

全試合結果を掲載。

『Road to CASTLE ATTACK』
■日時:2021年2月15日(月) 17:00開場 18:00開始
■会場:東京・後楽園ホール
■観衆:331人

【試合結果】

▼第1試合 20分1本勝負
上村 優也
YOSHI-HASHI 〇
後藤 洋央紀
vs
邪道 ×
タンガ・ロア
タマ・トンガ
(8分57秒  バタフライロック)

▼第2試合 20分1本勝負
辻 陽太 ×
天山 広吉
棚橋 弘至
vs
ジェフ・コブ 〇
ウィル・オスプレイ
グレート-O-カーン
(9分28秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め)

▼第3試合 20分1本勝負
BUSHI
高橋 ヒロム
SANADA 〇
vs
石森 太二
エル・ファンタズモ
高橋 裕二郎 ×
(9分55秒  Skull End)

▼第4試合 30分1本勝負
SHO ×
矢野 通
石井 智宏
オカダ・カズチカ
vs
ディック東郷 〇
チェーズ・オーエンズ
ジェイ・ホワイト
 “キング・オブ・ダークネス”EVIL
(14分28秒  体固め)

▼第5試合 30分1本勝負
永田 裕志 ×
飯伏 幸太 
vs
鷹木 信悟
内藤 哲也 〇
(16分26秒  デスティーノ→片エビ固め)

 

■内藤哲也のマイク
「ブエノスノチェ~ス、後楽園ホ~ル!!ここ、後楽園ホールにお集まりくださったみなさま。そして、TV、インターネットを通じて、日本中のお客さま、世界中のお客さま、今日はオレの意見をゆっくり聞いていただこうかな。ちょっと時間がかかるかも知れないんで、申しわけないけど、鷹木には先に帰っていただきました。“神さま”飯伏幸太が提唱した二本のベルトを一本に統一するというプラン。二本のベルトが統一された場合、インターコンチネンタル王座はもちろん、IWGPヘビー級王座の歴史にも終止符が打たれることでしょう。統一、つまり二本の王座が一本になる。この新しい試み? オレはいいと思いますよ。いくつもいいことはあると思うよ。でも! でも、IWGPヘビー級王座に憧れを抱き、IWGPヘビー級王座を目指して新日本プロレスに入って、そして歩み続けた男の意見としては、ちょっと“神さま”の意見には賛成できないかな。いろいろと、勘違いされてるかたが多いんでね、ここでハッキリと言っておきますよ。俺は一度足りとも、統一したいなんて言葉を使ったことはないから。そもそも、防衛戦でさえ、特別な機会以外は別々に防衛戦を行ないたいと言ったわけで。ただ、残念ながら、俺の意見が採用されることはなかった。次の大阪城ホール大会、ベルト統一を阻止するために、オレは全力で飯伏幸太の目の前に立ちたいと思います。飯伏幸太が勝利して、ベルトを統一するのか、それとも内藤哲也が勝利して、ベルト統一を阻止するのか。みなさま、大阪城ホール大会まで!トランキ~ロ!あっせんなよ!!みなさま、最後までご清聴、ありがとうございました。ではでは、新日本プロレス、後楽園ホール大会4連戦、二日目!最後の締めはもちろん!BUSHI!SANADA!ヒロム!鷹木!イ・内藤!ノスオトロス!ロス・インゴベルナーブレーーース!デ!ハ!ポーン!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事