【ドージョーチャクリキ】5.30(日)大阪世界館「日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 10 Bright Future」を開催

ドージョーチャクリキは5月30日(日曜日)に大阪の世界館にて「日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 10 Bright Future」を開催。

前日には既報通り「日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 9 パルプ・ノンフィクション」を愛媛県四国中央市の伊予三島運動公園体育館にて開催予定で、2日連続の大会開催はドージョーチャクリキ初の試みとなる。

大会のメインイベントでは、元新日本プロレス、元WWEスーパースターのKENSOが、元ボクシング第48代 、第50代日本ミドル級王者&第4代 SB日本スーパーウェルター級王者の鈴木悟と一騎討ちを行う。

悟に取っては2018年10月のプロレスデビュー以来最大の試練を迎える事とななった。

また、前日の CHAKURIKI 9 大会ではタッグマッチにてKENSO &佐野直 vs 鈴木悟&カーベル伊藤という前哨戦カードも組まれる。

大会タイトルの「Bright Future」は「明るい未来」を意味しており、この言葉で思い出されるのは2002年北海道立総合体育センターでの「猪木問答」。

KENSOの「明るい未来が見えません!」の絶叫は伝説となっております。果たして、今回はKENSO選手に挑む鈴木悟選手にとって「明るい未来」は見えるのか? 

KENSO vs 鈴木悟のメインイベントにご期待ください。

セミファイナルでは昨年のクリスマスイブでのGirls Bravo大会で大型のバンビからフォール勝ちを収めた業師のマドレーヌ(ワールド女子プロレス・ディアナ)がチャクリキのリングに2度目の参戦。

その可愛らしいルックスで「なにわのアイドル」と呼ばれる花園桃花と対戦。

また、プロレスラーの佐野直がキックボクサーとのミックスマッチに挑む。

試合は2分4Rという変則ラウンドで行われ、互いに不利が無いよう(キックルール)→(MMAルール)→(キックルール)→(MMAルール)とラウンド毎に立ち技と総合とルールが変わる。

両者はOFGを着用しての格闘技戦となる。

他にもキックマッチ3試合、MMA 1試合の合計7試合を予定。

また、現時点でチャクリキは2021年に4大会を進行中。

■2021年5月29日(土)「日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 9 パルプ・ノンフィクション」(既報)
    17:00開場 18:00開始 伊予三島運動公園体育館(愛媛県四国中央市中之庄町1665番地1)

■2021年5月30日(日)「日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 10 Bright Future」
    16:00開場 17:00開始 大阪 世界館(大阪市港区波除6-5-15)

■2021年7月22日(木祝)「日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 11」
    なみはやドーム サブアリーナ

■2021年9月23日(木祝)「日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 12 Girls Bravo 2」
    新宿FACE

日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 10 Bright Future
大会日時/2021年5月30日(日曜日) 16:00開場 17:00開始
大会会場/大阪 世界館(大阪市港区波除6-5-15 06-6567-9824)
お問い合せ/info@chakuriki.jp
大会主催/ドージョーチャクリキ株式会社
大会後援/公益財団法人日本骨髄バンク、スポーツ報知、東京スポーツ新聞社、週刊プロレス、闘道館

●メインイベント 第7試合 60分1本勝負
鈴木悟(TAKE IT EASY/チャクリキ) vs KENSO(フリー)
第48代&第50代のボクシング日本ミドル級王座、第4代 SB日本スーパーウェルター級王座に加えてプロレスの王座も獲得し、史上初の3格闘技(ボクシング、キックボクシング、プロレス)での王座戴冠を果たした鈴木悟。今回はプロレスキャリア最大の強敵である元新日本プロレス、元WWEスーパースターのKENSOを迎え撃つ。大型の鈴木悟(183cm)だが、KENSOはそれを遥かに超える191cmの世界標準ファイター。果たしてこの一戦に結末は? 前日大会に行われるタッグ前哨戦にも注目だ!

●セミファイナル 第6試合 30分1本勝負
マドレーヌ(ワールド女子プロレス・ディアナ) vs 花園桃花(フリー)
昨年のクリスマスイブのGirls Bravo大会にて華麗なる丸め込みにて巨体のバンビを葬り金星を挙げたマドレーヌ。チャクリキ2度目の登場の今回はなにわのアイドル」と呼ばれる花園桃花との正統派対決!華麗な技が乱れ飛ぶ、女子戦らしい華やかな戦いに注目だ!

●第5試合 キック&MMAミックスルール 75kg契約 2分4R 
佐野直(フリー) vs 一斗缶テツ(契明ジム)
プロレスラーの佐野直がミックスルールの格闘技戦に挑戦。キックボクサーの一斗缶テツを相手に2分4Rという変則ラウンド、互いに不利が無いよう(キックルール)→(MMAルール)→(キックルール)→(MMAルール)とラウンド毎に立ち技と総合とルールが変わるミックスルールでの一戦となる。両者はOFGを着用する。キック本職の一斗缶にすれば、寝技が加わる前にキックルールのラウンド内で佐野をKOしたい所だが、果たして本戦の結果は?

●第4試合 キックマッチ ウェルター級 3分3R 
竜義(チャクリキ武湧会) vs 中野功貴(颯修館)
プロデビュー以来、一貫してチャクリキのリングでのみ戦い、4戦3勝(2KO)1敗0分の好成績を収めて来た竜義。しかし、今回は最大の強敵を迎える。中野功貴もアマチュアで4戦4勝の無敗。先日のプロデビュー戦もKO勝ちで飾り、アマプロ連続勝利記録を保持したまま竜義の対角に立つ!果たしてこの新鋭対決の勝者は?

●第3試合 MMAマッチ フェザー級 5分2R
龍之介(フリー) vs 超宇宙意思大権現大千三千世界乃玉者幽月(UBF/秘密結社サキノハカ)
まずびっくりするのが幽月の長い長いリングネーム。これは超宇宙意思大権現大千三千世界乃玉者幽月(ちょううちゅういしだいごんげんだいせんさんぜんせかいのたまじゃゆうげつ)と読む。またリングネームばかりでなく、入場パフォーマンスもド派手で関西では注目されるMMAファイターだ。幽月ばかりが注目される展開に龍之介が面白い訳が無い。「俺が話題も勝利も喰ってやる」と虎視眈々と人気者喰いを狙う。

●第2試合 キックマッチ ライト級 3分3R
ハンマー鈴木(契明ジム) vs マリ(フリー)
その優れたパンチ力から川田会長に「ハンマー」と命名されたハンマー鈴木のプロデビュー戦。相手はMMAで活躍するマリ。ハンマー鈴木の豪腕は果たして相手を砕けるか!?関係無いが、今回は大会に鈴木が3名も居る。

●第1試合 キックマッチ アマチュア 60kg契約 2分2R
竹添翔太(インスパイヤードモーション) vs ラーテル湧人(契明ジム)
東西の名門ジム同士のアマチュア対決。ケレン味の無い若さのぶつかり合いに期待。

※出場選手は予告無く変更となる場合がある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事