【WWE】中邑真輔が撃破したアポロ・クルーズから襲撃を受けてIC王座戦線が激化

日本時間2月20日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

◆中邑真輔が撃破したアポロ・クルーズから襲撃を受けてIC王座戦線が激化

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“キング・オブ・ストロングスタイル”中邑真輔が先週挑戦したIC王座戦を妨害したアポロ・クルーズと激突し、飛び付きアーム・バーからの丸め込みで勝利した。

IC王者ビックEがソファーでリラックスしながら解説する中、「中邑を倒して王座を狙う」と意気込むクルーズはドロップキック3発から中邑を解説のビックEに叩きつけた。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

一方の中邑は延髄切りからライダーキック、スライディング・ジャーマンスープレックスと連続攻撃で反撃すると終盤にはスパインバスターを食らったが、最後は飛び付きアーム・バーを決めるとそのままクルーズを丸め込んで3カウント。

中邑がIC王座挑戦を邪魔したクルーズに快勝した。

しかし、試合後にクルーズが背後から中邑を襲撃してバリケードに叩きつけ、さらに鉄製ステップ攻撃を狙うとビックEが止めに入ったが、怒りが止まらないクルーズは鉄製ステップ攻撃をビックEに放って病院送りにした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事