【FMW】強行出場の大仁田が爆破地獄から生還果たし、8月2日に右腕手術へ!

強行出場の大仁田が爆破地獄から生還果たし、8月2日に右腕手術へ

右腕を骨折しながらも、強行出場した大仁田厚が、無事爆破地獄から生還を果たした。

超花火7・24エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)第2競技場での船木誠勝との爆破王選手権戦で右上腕部(右尺骨遠位端)を骨折し、全治3カ月の重傷を負った大仁田が選択したのは、欠場ではなく、強行出場だった。

ケガを負ってから5日目となる7月29日、大仁田は超戦闘プロレスFMWの茨城・水戸市民体育館サブアリーナ大会に参戦。同団体では初開催となった電流爆破デンジャラス鬼棒8人タッグデスマッチで、保坂秀樹、リッキー・フジ、HASEGAWAと組み、W★INGモンスター軍の雷神矢口&橋本友彦&バッファロー&ワイルド・ベアーと対戦。大仁田は試合前、3本の痛み止めの注射を打ち、右腕をギブスで固定して出陣。

試合序盤、鬼棒を手にした矢口が大仁田を殴ろうとするも、大仁田が交わし、鬼棒がトップロープに当たり、矢口が自爆。それでも、めげない矢口は電流爆破バットで大仁田を一撃。のたうち回る大仁田だったが、パートナーの保坂らが獅子奮迅の活躍を見せ、大仁田を援護。最後は保坂とHASEGAWAが捕らえたベアーめがけて、大仁田が爆破バットを叩き込んで3カウントを奪った。

1度は爆破地獄に墜ちた大仁田だが、自軍メンバーのサポートを受け、なんとか生還を果たした。幸い、患部の悪化は免れたもよう。

「茨城、水戸のファンが待ってる以上、休むことはできなかった。今日はみんなが助けてくれたおかげで勝てた。右腕に力が入らず、爆破バットは左手1本で振り抜いた。皆さんにご心配、ご迷惑をかけていますが、必ず、このピンチを乗り越えます」と自身に言い聞かせた大仁田。

この後、大仁田は8月1日に都内の病院に入院し、2日にプレートを埋め込む手術(観血的整復内固定術)を受ける。無事手術が成功すれば、担当医の反対を押し切って、3日に強行退院し、その足でZERO1の東京・浜松町ビルディングでのイベント試合に参戦する。

8・26ディファ有明でのファイヤープロレス旗揚げ戦を前に、大ピンチに陥った大仁田だが、不屈の精神力で、手負いでの闘いを続ける。

 

<試合結果>

超戦闘プロレスFMW「真夏の悪夢」

7月29日(金) 茨城・水戸市民体育館サブアリーナ(18時半) 観衆580人

1. 20分1本勝負

◯パンディータ(10分18秒、体固め)ザ・ショッカー1号●

※ジャイアントパンダスイング

2.常陸プロレス提供試合 30分1本勝負

KOU―SAKU&◯リーブ翔悟(11分48秒、片エビ固め)ケント・ディカプリオ&福

田柾郁●

※ムーンサルトプレス

3.FMW女子プロレス 30分1本勝負

◯ミス・モンゴル&さちこYOKOZUNA(11分24秒、逆片エビ固め)ヨネ・モン

ゴル&ミス・コハル●

4.FMW連合軍vsUWF連合軍 45分1本勝負

佐野巧真&◯中野巽耀(11分20秒、KO)リッキー・フジ&Hi69●

※左ハイキック

5.電流爆破デンジャラス鬼棒8人タッグデスマッチ 60分1本勝負

◯大仁田厚&保坂秀樹&リッキー・フジ&HASEGAWA(8分15秒、体固め)雷神

矢口&橋本友彦&バッファロー&ワイルド・ベアー●

※爆破バット攻撃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事