【新日本】デスペラードがマスクを剝がされながらも3WAY制しIWGPジュニア初戴冠!2.28 大阪城 CASTLE ATTACK

新日本プロレスは2月28日(日)『CASTLE ATTACK』大阪城ホール二連戦の二日目を開催。

第5試合で、BUSHIとエル・ファンタズモとエル・デスペラードによる第89代IWGPジュニアヘビー級王座決定戦3WAYマッチが行われた。

本来、この日は88代王者の高橋ヒロムのエル・ファンタズモとの防衛戦の予定であったが高橋ヒロムが左大胸筋の断烈により約半年間の負傷となりベルトを返上。この日はヒロムの指名を受けたBUSHIとファンタズモの対決に、2.25後楽園でIWGPジュニアタッグ戦で勝利し、シングルベルト戦への参戦を表明したデスペラードによる3WAY決戦となった。

戦前のプロレスTODAYのアンケートではデスペラードの勝利への期待が高まっていた。

CASTLE ATTACK
日時:2021年2月28日(日) 12:00開場 14:00開始
会場:大阪・大阪城ホール

試合中盤、ファンタズモはスワンダイブ式プランチャで場外に飛び立ち、花道でデスペラードのマスクを引き裂いてしまう。さらにはゴッチ式パイルドライバーでデスペラードを戦線離脱させてしまう。

スペアマスクで戦線復帰したデスペラードは怒りをぶつける

最後はデスペラードのピンチェ・ロコ2連発がファンタズモに決まりスリーカウントが入った。

第5試合 第89代IWGPジュニアヘビー級王座決定戦3WAYマッチ
BUSHI vs ✖エル・ファンタズモ vs 〇エル・デスペラード
23分12秒  ピンチェ・ロコ→体固め
※デスペラードが第89代IWGPジュニアヘビー級王者となる

悲願のIWGPジュニアベルト初戴冠となったデスペラード。IWGPジュニアタッグ2本のベルトを肩にかけ、腰にはIWGPジュニアのベルトと3本のベルトを体にまとい、新日本のど真ん中に立って見せた。

<バックヤード>

デスペラード「(※両肩にIWGPジュニアタッグのベルト2本をかけ、手にIWGPジュニアヘビー級のベルトを持ってコメントスペースにやってくる。その3本のベルトをテーブルに並べてイスに座り)挑戦する前に言ったよな、『1回、(ベルト)返上の段階で、伝統は途切れちゃってる』って。あとになって調べたらヒロム、前回もな、首やったときで、あれも返上だろ、確か? プツンプツン……ベルトの価値は落ちねえとは思うが、伝統ってのは途切れてるわけだ。で、その一発目が、大事な試合じゃん。トーナメントやるなりさ、なんなりしてさ、今やれる状態で挑戦者決めて、代表相手にシングルマッチでもやればいいんだけど、今回大阪でな、ポッカリ穴が開いてな、ヒロムがBUSHIを指名した。ファンタズモはいいよ。あいつももともと挑戦者の権利あんだから。(問題は)俺だ。要はしゃしゃり出たわけだ。それでこのように3WAYとして、(カードが)決定して。はっきり言やあよ、シングルのベルトなのに3WAYってどういうこと? な? 1対1の、タイマンの強いヤツのベルトだろ、ほんとはよ? でもな、どうしようもない3WAYじゃなかっただろ? ファンタズモ、BUSHI……俺なんか……あの2人が相手でよかったぜ。(※IWGPジュニアのベルトを叩いてから立てて)返上して、チャンピオンに勝ってないヤツがチャンピオンに勝って、価値は落ちたか? あの試合見て? あんなヤツらと闘って……俺ぶっちゃけ、1回負けてるだろ? BUSHIが、ファンタズモのカバーを、レフェリーのこと止めてなきゃ、俺はもうそこで1回負けてた。それだけの削り合いの中で、唯一1回だけ俺にチャンスあった。その一瞬で、なんとかなった。ただそれだけ。試合見てみろ。コントロールしてるのは全部ファンタズモだ。チクショー……。こんなんで勝ったといえるか? だけどな、あの3WAYで、結果その3WAYの勝者にベルトがある。どこに出したって恥ずかしくない一流のベルトのはずですよ、あの試合選んだからには。で、ここ大阪な。俺が初めてIWGP(ジュニアの)シングルに挑戦した場所、知ってる? 知らんだろ? 俺も忘れてたよ。大阪なんだ(2014年2.11大阪府立体育会館。当時の王者は飯伏幸太)。

(※立ち上がりながらIWGPジュニアタッグのベルトを手にして)もちろんこれは、俺とノブさん(金丸義信)の、誇りと、いろんなもんの塊で、背中を押してくれたノブさんがいたから獲れた(IWGPジュニアの)シングルだ。どんな楽しいこと考えようかなあ……。ただ、シングルでファンタズモにお礼参りしないとな。このまま(ファンタズモが英国に)帰って、もう日本に来ませんなんつってよお……。(そんなこと言うようなら)俺が向こうまで行ってやる」

BUSHI「(※コメントスペースにたどり着くなりヒザから崩れ落ちる。大きく息を切らせながら上半身を少し起こして)正直さ、ヒロムのためだとか格好つけたけど、そりゃあ自分自身のためだよ、一番は。一番は自分自身のためだよ。俺がIWGPジュニア、シングルのベルトあきらめたら、もう終わりだろ。(※ゆっくり立ち上がりながら)でも、今日のチャンスでものにできなかった。それだけだ……」

ファンタズモ「(※這ってコメントスペースに入ってくる。そのままうつ伏せになって、しばらくフロアに顔をうずめたまま無言。上半身を起こすと何か話しかけようとするが、言葉が出てこない。手にしていた水を口に含んで、改めて何か話そうとするも言葉にならない。正座してビデオカメラに向かって口を開こうとするが、ここでも言葉が出ず。ゆっくり立ち上がると、ビデオカメラに向かって2、3歩近づく。そしてゆっくりと話し始め……ようとするも、やはりここでも言葉が出ない。カメラに背を向け、壁に手をかけるも言葉が出ず。気を取り直して振り返る。意を決して、言葉を振り絞るも言葉にならない。さらに水を口に含んで)……………………………(※無言のまま控室へ)」

 

ジュニア二冠王となったデスペラードはジュニア代表として、メインイベント終了後に勝者の飯伏幸太の前に登場。旗揚げ記念日でヘビー二冠王の飯伏幸太へと挑む。7年前のIWGPジュニア戦で敗れた飯伏へのリベンジを果たせるか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事