【スターダム】オールスター・ランブルに登場した菊タローが密かな快挙をアピール「俺は偉大なるグランドスラムを達成したぞ!」

ⓒスターダム

女子プロレス団体・スターダムは3日、東京・日本武道館にて『スターダム10周年記念~ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA~』を開催したが、このビッグマッチで密かに大記録が達成されたのだ。

愛川ゆず季がこの日限定で復帰するなど話題を呼んでいた旗揚げからの歴史が詰まったスターダム・オールスター・ランブルには、ビー・プレストリー、白川未奈、ウナギ・サヤカ、スターライト・キッド、飯田沙耶、ゴキゲンです☆、レディ・C、長与千種、井上京子、下田美馬、松本浩代、さくらえみ、門倉凜、星月芽依、愛川ゆず季、美闘陽子、脇澤美穂、美邑弘海、まなせゆうな、はるか悠梨、コグマ、中西百重の豪華メンバーが出場。

キッドと星月から開始した試合は、次々と選手が登場していき、最後の長与が登場したその後に発表されていなかった、男子レスラーの菊タローが登場したのだ。

女子プロレスラーへのセクハラ攻撃を得意とする菊タローに逃げ惑う選手たちだが、押し出されたウナギと白川が抱きつかれ倒れ込まれる展開に。

これにはすでに失格していた長与がエプロンで激怒、菊タローは謝罪をすると見せかけ長与の胸を揉んだのだ。

これに長与は怒りのリングインで制裁を加えた。

そんなランブルはウナギが愛川との最後の一騎打ちを制して勝利した。

バックステージに戻ってきた菊タローは密かに達成した快挙を明かした。

「そもそもこのスターダム10周年記念興行の最大の謎かけ、なんで俺が出てんねんてことやろ(笑)何で呼ばれたんですかね?こうなる(選手を狙う)のわかってるじゃないですか僕が出たらね。いやでもね、今日はおいしいおもいをさしてもらって…おい、言っておくぞ!これはどこにも出てない、誰もが気づいていない中で俺は偉大なるグランドスラムを達成したぞ、おい!このプロレス業界おそらく後にも先にも、ダンプ松本、アジャコング、長与千種、この3人の乳を揉んだのはこの俺だけだ!言いたいことはそれだけだこの野郎!」とアピールした。

レジェンドレスラー3人を制覇するとはなんとも恐れ知らずなレスラーである。

『スターダム10周年記念~ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA~』
日時:2021年3月3日(水)開始 17:00 ※プロローグファイト開始 16:30
会場:東京・日本武道館

レック Presents スターダム10周年記念~ALLSTAR DREAM CINDERELLA~ 時間無制限

〇ウナギ・サヤカ
(35分1秒 OTR)
●愛川ゆず季

〈出場選手〉ビー・プレストリー、白川未奈、ウナギ・サヤカ、スターライト・キッド、飯田沙耶、ゴキゲンです☆、レディ・C、長与千種、井上京子、下田美馬、松本浩代、さくらえみ、門倉凜、星月芽依、愛川ゆず季、美闘陽子、脇澤美穂、美邑弘海、まなせゆうな、はるか悠梨、コグマ、中西百重(予定)

※退場順…①レディ②ルアカ③京子④まなせ⑤下田⑥プレストリー⑦はるか⑧さくら⑨脇澤⑩松本⑪星月⑫門倉⑬飯田⑭長与⑮菊タロー⑯ゴキゲン⑰中西⑱美闘⑲キッド⑳コグマ㉑白川

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事