【プロレスラー選手名鑑】勝俣瞬馬 SHUNMA KATSUMATA(DDTプロレスリング)

【プロレスラー選手名鑑】

◆選手名:勝俣瞬馬 SHUNMA KATSUMATA(DDTプロレスリング)

※収録日:2021/2月

◆所属:DDTプロレスリング(https://www.ddtpro.com/)

▼プロフィール▼

DNAの中でも女性人気が高く、デビューした年に初挑戦したドラマティック総選挙でアンダーボーイズ入りを果たすなど早くから注目を集め、大石真翔と結成したアイドルユニット「KAT-TOO」でさらに人気が上昇。ついには高木三四郎大社長の厳命により、大石、井上麻生(MAO)とのトリオで男性アイドルユニット「NωA」を結成。秘めたアイドル能力をフルに発揮する中、2018年1月に解散。竹下幸之介、彰人のユニット「ALL OUT」に加入。2019年の年越しプロレスにてデスマッチ戦線に参入すると、デスマッチでも頭角を現し始める。2020年11月には竹下、MAO、上野勇希らとDDTサウナ部を結成。

■生年月日:1992年12月9日
■身長:167cm
■体重:75kg

■血液型:B型
■出身地:千葉県柏市
■デビュー:2014年4月29日、DDT、東京・後楽園ホール大会
■得意技:¡Hasta la vista! / アウフグース / ととのえスプラッシュ / ライトニング・スパイラル
■主要タイトル:DDT EXTREME級
          KO-D6人タッグ

■入場曲:MONSTER

■愛称:スーパーハードコア勝俣

■特徴:アイドルユニットでは踊り、ひらがなまっするの必殺技乱発では振り付けも担当。ハードコア路線に活路を見出し2020年に大躍進。趣味のサウナを活かしたファイトで高木大社長の持つDDT EXTREME級のベルトも奪取。熱波師としての一面も併せ持ち、2021年には千葉県館山に完成する海が見えるサウナ小屋「Sea Sauna Shack」の支配人にも就任。路上プロレス等でジョーカーによく似たスーパーハードコア勝俣に変身し、レゴブロックバットを振り回す狂気の一面も併せ持つ。

▼経 歴▼

■2014年

4月29日、坂口征夫&マサ高梨戦でデビュー(パートナーはワンチューロ)。ドロップキックも繰り出すが、最後は坂口のスリーパーホールドでギブアップしてしまう。

9月27日よりSMASHで同期だった篠瀬三十七率いるASUKA PROJECTのトーナメントに参戦。高橋匡哉とのシングルでデビュー後初勝利。

9月28日、DDT後楽園ホール大会にて、11月28日旗揚げの新プロジェクト「DDT NEW ATTITUDE」への移籍を発表、DDTへはレギュラー参戦という形になる。

■2015年

大石真翔とのタッグチームKAT-TOOで活動。

■2016年

5月29日、大石真翔、井上麻生とともにアイドルユニット「NωA」を結成することを命ぜられる。

■2018年

NωAを解散し竹下幸之介、彰人が所属するユニットALLOUTに加入。

2月25日、宮本裕向が保持するDDT EXTREME級王座に挑戦(形式はハードコア+αマッチ)。その際にアイテムとして画鋲を持ち込み大健闘をみせた。

■2019年

ハードコア、デスマッチ戦線に参入。年越しプロレスにて塚本拓海、星野勘九郎組を相手に初の蛍光灯デスマッチを行う(パートナーは佐久田俊行)。

■2020年

9月、大日本プロレスで開催される最侠タッグトーナメント2020のデスマッチブロックに伊東竜二とのタッグで出場。決勝戦で橋本大地&神谷英慶組に敗れ準優勝。

■2021年

2月7日、高木三四郎の保持するDDT EXTREME級に挑戦。熊本城天然温泉 城の湯 presents 湯けむり天然温泉プロレスで44分超のアイアンマンマッチを制して第50代王者となる。

2月28日、MAOとのサウナ部同門対決で“キッズルームデスマッチ”を制し、EXTREAME級王座初V。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事