【新日本】NJC優勝候補のオカダが鷹木に敗れる大波乱!鷹木「優勝というテッペン目指して、龍のごとく駆け昇っていくぞ!」

▼試合後バックステージコメント

 

鷹木「(※ドッカリとアグラをかいて)ああ、危なかったな、危なかった。紙一重だよ、紙一重。レインメーカーvsパンピングボンバー? 知るか、この野郎。さすがにオイ! レインメーカー食らったら、ただじゃ済まねぇのはバカな俺でもわかるぞ。こう見えても俺は戦略家だからよ。オカダ、まんまと引っかかったな。なんだ、あいつ調子悪いのか? 腰が悪いのか? 知らねぇけどよ、プロなんだから何の言い訳も通用しねぇよな。まあ、いまコンディションがもし悪いんだったら、運が悪かったな。運も実力の内だ。ということは今日の俺の勝ちは、完全勝利だ、オイ! リング上で言ったように、俺は飯伏に対しても不満があんだよ。ふざけんなよ、あの野郎。何が負けない? 逃げ出さない? 大事MANブラザーズ(バンド)みたいなこと言っといてよ。俺からは逃げてんじゃねぇのか、飯伏? なあ、まだ遠い先にいるかもしんねぇけど、いい機会だから言っとくわ。昨年の『G1(CLIMAX)』で、俺は飯伏から勝った。しかし飯伏はその『G1』で優勝した。まあ、でも、いずれ何か言ってくんじゃねぇかと思って、俺は待ってたよ。だがな、ドームに向けて、内藤と前哨戦。ドーム明けてからはSANADAと前哨戦。そして、また内藤。俺がどういう気持ちでリング上にいたと思うよ? 飯伏よ、シカトかましやがって。あいつも寝て起きたら忘れる後藤タイプか? 前にも言ったかもしれねぇけど、俺はこう見えても口下手のシャイボーイだ。おまけに受け身なんだ、俺は。待ってんだよ。お前から来るのを待ってたんだよ、飯伏。だが、お前から寝ても起きても来ねぇんだったら、俺からお前の前に行ってやろうじゃねぇか。飯伏、俺ももう若くねぇんだ。巷じゃ“ハツラツオジサン”とか言われてっからな。オジサンはオジサンでも、超元気なオジサンを見せてやろうじゃねぇか。まあ、とは言っても、1回戦勝っただけだから、今日のところは短めにコメントを終わらせてもらう。次、誰だ、2回戦?」

――後藤選手です。

鷹木「ほう、後藤か(ニヤリ)。なんだ、オイ! 一難去ってまた一難かよ。後藤ね。おもしれぇ、やってやろうじゃねぇか。でも、昨日発表されたろ? 緊急事態宣言が延長されたんだ。ということは、GoToトラベルもまだ使えねぇんだよ。(※ことさらに声を張り上げて)ということは! 後藤のトラベルも使えねぇってことだな。上手いこと言ったな。お前ら! ここは笑うところだぞ、オイ!」


 
オカダ「(※ガックリと座り込んで)まあ、IWGP世界ヘビー級よりもダサいのがオカダ・カズチカだということがわかったんじゃないですかねぇ。相当ダサいよ、オカダ・カズチカ。あんなこと言っといてね。ああ、ダセぇ! クソダセぇよ、オカダ・カズチカ! まあ、本当にオカダならこの状況を打破してくれるだろうと思ってた皆さんには申し訳ないし、IWGPにも申し訳ないと思いますし、クソダセぇな、本当。まあ、でも、現時点ではEVILより強くて、鷹木よりも弱いということがわかりましたから、どっか痛いとかね、そんなの言い訳にも何もならないですから。どっかしら痛くても立ち上がって闘ってるのがプロレスラーですから。1回戦負けとして、もっともっと強くなって、また新日本プロレスの頂上まで登っていきたいなと思います。ただ、本当に今日はクソダセぇ。情けないにも程があるな……」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2