【WWE】エリック・ビショフが2021年のWWE殿堂入り決定

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

エリック・ビショフが2021年第2号となる名誉殿堂「WWEール・オブ・フェーム(HOF)」入りすることが発表された。

ビショフは1991年にAWAの活動が終了すると、副社長まで上り詰めたWCWでは1995年にロウのライバル番組としてマンデー・ナイトロを開始。さらに自らも加入したnWo空前の大ブレイクするなどその才能を発揮した。

2002年には電撃的にロウGMとしてWWEと契約すると独裁的な態度を取りながら「エリミネーション・チェンバー」のコンセプトなどを考案して活躍した。

尚、今年の「WWEホール・オブ・フェーム2021は昨年式典が中止となったものの殿堂入りが発表されたバティスタnWo、ベラ・ツインズ、JBL、デイビーボーイ・スミス、そして獣神サンダー・ライガーを加えて日本時間47日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事