【新日本】『NJC』鷹木「この38歳の溌剌おっさんが『NEW JAPAN CUP』はいただくぜ」<3.20仙台・試合後バックステージコメント全文掲載>

▼第5試合 時間無制限1本勝負
『NEW JAPAN CUP 2021』準決勝戦
デビッド・フィンレー ×
vs
ウィル・オスプレイ 〇
21分04秒  ストームブレイカー→片エビ固め
※オスプレイがトーナメント決勝戦へ進出

◆試合後バックステージコメント

ビー「(※先導しながら拍手でオスプレイを迎え入れる)さすが! EVILでもシンゴでもどっちが勝ち上がってきても、明日の決勝で勝つのはあなたに決まってる! ウィル・オスプレイが『NEW JAPAN CUP』を制するのよ」

オスプレイ「フィンレー、今日のお前はすごかったよ。俺はお前を甘く見ていた。お前の気持ちを揺さぶってやるつもりでコメントでもこき下ろしてきたが、今日のお前は本当に強かった。ケガがあったとは言え、素直にお前の力を認めよう。お前の実力は十分に評価されてない。だけどこれは忘れるな、ウィル・オスプレイはレベルが違うんだ!」

ビー「(※控室に向かいながら)じゃあ、 また明日ね……」

フィンレー「(※IMPACT!世界タッグのベルを手に、右のシューズを脱いで足首をアイシング、足を引きずりながらコメントスペースに入ってくる。崩れ落ちるように倒れ込み、仰向けになって)クソッ! あとちょっとのところで負けるなんて……。オスプレイはいつも自分はレベルが違うと偉そうに言ってるが、今日の結果を受けてその意味がよくわかった。あいつは文字通りレベルが違う。ファイナル4(4強)の中では、EVILとシンゴには勝ったことがあるが、オスプレイには1度も勝ったことがない。

でも、オスプレイのようなトップの1人と闘うことで、俺はより強くなれた。これで『G1 CLIMAX』デビューも決まったようなものだろう! 6年間、ニュージャパンで闘ってきたのに、まだ一度も『G1』に出られていない。『G1』に出場して、自分の実力を試したい。みんなだって、俺の『G1』出場をずっと待っているはずだ。今日は人生で一番キツい試合だった。ここまで上がってきて、あと少しのところで勝てなかった。でも『G1』に出ればもっと強くなれると思う。

そして次こそ、オスプレイの野郎を倒してやるぞ! (『NEW JAPAN CUP』)優勝は叶わなかったけど、満足いく結果を残すことはできた。チェーズ、YOSHI-HASHIに勝って、東京ドームのメインイベントに立ったジェイへの連敗記録を止めることができた。それにIMPACT!世界タッグのベルトも手に入れた。だから今日は負けたとは言え、俺の勢いはまだまだこんなもんじゃない。この調子で進んでいく。トップに立って、追われるような選手にならないと。そのために俺はこれからも全力で頑張るから……」

 

▼第6試合 時間無制限1本勝負
『NEW JAPAN CUP 2021』準決勝戦
鷹木 信悟 〇
vs
“キング・オブ・ダークネス”EVIL ×
22分43秒  ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め
※鷹木がトーナメント決勝戦へ進出

◆試合後バックステージコメント

鷹木「(※顔をしかめながら左腰を押さえ、足を引きずりながら、自らイスを手にコメントスペースに入ってくる。そこに座って)あ、イテテテ……。EVILは、やっぱり、いつも通りのEVILだったな。ちょっとでも期待した俺がバカだったな。だがなあ、SANADAが言ったように、腐っても元2冠王者。そのEVILに勝った価値は大きいと思う。

そんなことよりオスプレイだ、オスプレイ。人のマイクを邪魔しやがって。俺は少しだけって言ってんだろ。少しぐらい待てってんだよ、オスプレイ! まあさっき、リング上でも言おうと思ったんだが、ハッキリ言ってな、俺は、オスプレイにやりたいことが、伝わってこない。何がやりたいか、わかんねえよ。(UNITED)EMPIREかなんだかしらねえが、やってることが中途半端じゃねえか、オスプレイ? なあ。まあ、あいつはまだ若えんだ。リング上で言った通り、今のあいつに必要なのは、栄光じゃねえよ。優勝? それこそEVILの言葉じゃねえけど、顔じゃねえんだ、コノヤロー、オスプレイ。この38歳の、溌剌おっさんが、『NEW JAPAN CUP』はいただくぜ。ここまで来たんだ、俺がいくしかねえだろ。

飯伏幸太の、飯伏幸太の目の前まで、何としてでもたどり着いてやるよ。だが飯伏も今日、久々に会場で見たが、気に入らねえな、あいつも。あいつ自身、あいつが一番なに考えてるかわかんねえからな、飯伏。2冠の統一問題、いろいろ言って、記者会見やらSNSでも言ったが、あいつの言ってることもな、俺には何も伝わってこねえよ。あいつの信念は、ほんとにあるのか? なあ? 俺がわかってないってことはな、おそらくファンも理解してねえぞ。俺はNEVERの(チャンピオンになった)時も言っただろ、なあ? 何を持つかじゃねえんだよ。いいか、誰が持つかで価値は変わるんだ。なあ、いいじゃねえか。今は令和だ。時代は変わったんだ。ベルトの時代も、変わったということでいいんじゃねえのか? なあ? 世界最強最高のIWGPの名前がついてるんだったら、文句ねえよ。俺たちはそこを目指すだけだ。まあいろいろ言いたいことはあるが、あまり言いすぎると、明日勝ってからいうことがなくなるからよお。今日は、短めに、終わらせてもらう」

※EVILはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2