【WWE】中邑真輔がセス・ロリンズをキンシャサ弾で制裁してPPV対決が決定

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間3月20日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

◆中邑真輔がセス・ロリンズをキンシャサ弾で制裁してPPV対決が決定

“キング・オブ・ストロングスタイル”中邑真輔が盟友セザーロを侮辱するセス・ロリンズにキンシャサを叩き込むと、遺恨が勃発した2人の対戦がPPV「ファストレーン」で決定した。

リングに登場したロリンズは「皆、俺を王様のように扱うが1人セザーロだけは無礼だった」と言って先週セザーロを襲撃した映像を見せると「2度と俺に無礼はできないぞ」と嘲笑った。

するとそこへ姿を現した中邑がロリンズの制止を無視してリングに上がるとマイクを奪って「黙れ」と言い放った。

さらに中邑は襲い掛かるロリンズにバックスピンキックを決めて「カモーン」と挑発すると最後はSTOから必殺のキンシャサを叩き込んでロリンズを制裁。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑は自身のツイッターに「口は災いの元だ」と投稿してロリンズに忠告すると遺恨が勃発した2人の対戦がPPV「ファストレーン」で決定した。

中邑対ロリンズの対戦が行われるPPV「ファストレーン」は日本時間3月22日にWWEネットワークで配信される。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事