【WWE】中邑真輔がロリンズと接戦も盟友セザーロの敵討ちならず

日本時間3月22日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「ファストレーン」がライブ配信された。

◆中邑真輔がロリンズと接戦も盟友セザーロの敵討ちならず

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“キング・オブ・ストロングスタイル”中邑真輔が遺恨勃発のセス・ロリンズとPPV「ファストレーン」で激突した。

序盤、盟友セザーロの仕返しを狙う中邑はニー・ドロップを叩き込んで「カモーン」と挑発すると、ロリンズは中邑をマットや解説席に叩きつけて応戦した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにロリンズがセザーロを侮辱しだすと、怒った中邑がアーム・バーから痙攣式ストンピング、ヒザ攻撃と猛攻を仕掛け、終盤にはスピンキックからスライディング・ジャーマン・スープレックスを叩き込んだが、ロリンズもバックルボムからファルコンアローで反撃して互角の攻防を展開。

終盤にはお互いに決定打を欠く中、中邑はランドスライドやリバースパワースラムを決めてキンシャサを狙ったが、これをロリンズが回避すると「侮辱しやがって」と怒りを露わにしながら必殺のカーブ・ストンプを叩き込んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑はロリンズと接戦も勝利ならず、盟友セザーロの敵討ちは果たせなかった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事