【WWE】王者ラシュリーとマッキンタイアが祭典レッスルマニアを前に一触即発

日本時間3月23日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

◆王者ラシュリーとマッキンタイアが祭典レッスルマニアを前に一触即発

PPV「レッスルマニア37(WM)」のWWE王座戦で対戦する王者ボビー・ラシュリーと元王者ドリュー・マッキンタイアがリングで対峙して一触即発となった。

ラシュリー(with MVP)がシェイマスと第一試合で対戦すると、途中にハートビジネスのシェルトン・ベンジャミン&セドリック・アレキサンダーが介入し、最後はラシュリーがスパインバスターからのハートロックでシェイマスを締め上げて勝利を収めた。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にはベンジャミン&アレキサンダーがシェイマスに暴行を加えると、救出に現れたマッキンタイアが2人を蹴散らしてラシュリーと対峙。

マッキンタイアは「殴ってみろ!この野郎」と挑発してラシュリーと一触即発となったが、MVPの制止でラシュリーはリングを後にした。

その後、マッキンタイアはベンジャミン&アレキサンダーとハンデーキャップ戦で対戦するとクレイモア2連打で勝利して2人はWMのリングサイドに侵入禁止となった。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ラシュリー対マッキンタイアのWWE王座戦が行わるPPV「レッスルマニア37」は日本時間4月11日12日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事