【WWE】KUSHIDAがクルーザー級王者デブリンと対戦もレガード・デル・ファンタズマの妨害で屈辱の敗戦

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間3月26日にNXTが配信された。KUSHIDAはNXTクルーザー級王者(英国)ジョーダン・デブリンとノンタイトル戦で対戦したが、レガード・デル・ファンタズマの妨害により屈辱の敗戦となった。

試合前、KUSHIDAは「勉強させてやるよ。腕一本じゃ済まないぞ!この野郎」とデブリンを挑発すると、試合ではドロップキックやアーム・ブリーカーを決めて攻め込んだ。

デブリンが場外へのスプリングボード・ムーンサルトを放つとKUSHIDAもハンドスプリング・エルボー、マサヒロ・タナカからホバーボードロックを狙って白熱の攻防を展開。

しかし、試合途中にもう1人のNXTクルーザー級王者(米国)サントス・エスコバー率いるレガード・デル・ファンタズマがステージに姿を現すとKUSHIDAが動揺したデブリンにスーパープレックスからアーム・バーで追い詰めたがロープエスケイプ。すると今度はエスコバーらがデブリンを場外で取り囲んで襲撃を狙ったが、KUSHIDAがハンドスプリング・ニールキックで蹴散らすとその隙にデブリンがKUSHIDAを丸め込んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、敗れたKUSHIDAは妨害したレガード・デル・ファンタズマに襲い掛かると、リングではNXTクルーザー級王座統一戦が決定しているデブリンとエスコバーが対峙。するとそこへショーン・マイケルズが突如現れると意味深にラダーをリングに投げ入れた。

さらにNXTではウィリアム・リーガルGMがNXT北米王者ジョニー・ガルガノへの挑戦権をかけた6人によるガントレット戦を「NXTテイクオーバー:スタンド&デリバー」で行うことを発表し、次週、KUSHIDAがこのガントレット戦出場者を決める12人バトルロイヤルに出場することが決定した。

NXTクルーザー級王座統一戦、NXT北米王座挑戦者決定ガントレット戦が行われる「NXTテイクオーバー:スタンド&デリバー」は日本時間4月8日、9日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事