【新日本】IWGP世界ヘビー前哨戦はオスプレイが勝利し、飯伏を挑発「飯伏、俺はウィル・オスプレイだ。俺はお前とはレベルが違う!」

新日本プロレスは3月28日(日) 、群馬・Gメッセ群馬で『Road to SAKURA GENESIS 2021』を開催した。

今大会は『Road to SAKURA GENESIS 2021』開幕戦として全5試合が行われた。

メインは4月4日・両国国技館大会にIWGP世界ヘビー級王座を賭けて争う王者・飯伏と『NJCUP』覇者・ウィル・オスプレイが6人タッグで争った。

『NJCUP』優勝の勢いのままにオスプレイが前哨戦に勝利した。

試合後、マイクを握ったオスプレイは「飯伏、両国まであと1週間だ。俺も、お前も、ここにいるみんなも、全員わかっているだろう。神なんていないことを。UNITED EMPIREこそがリアルだ。飯伏、俺はウィル・オスプレイだ。俺はお前とはレベルが違う」と言い放った。

※全試合結果を掲載。

『Road to SAKURA GENESIS 2021』
日時:2021年3月28日(日) 13:30開場 15:00開始
会場:群馬・Gメッセ群馬
観衆:883人

▼第1試合 20分1本勝負
ゲイブリエル・キッド ×
上村 優也 
辻 陽太
田口 隆祐
vs
BUSHI
鷹木 信悟 〇
SANADA
内藤 哲也
10分46秒  パンピングボンバー→エビ固め

▼第2試合 20分1本勝負
マスター・ワト
タイガーマスク
SHO 〇
vs
DOUKI ×
金丸 義信
エル・デスペラード
11分01秒  ショックアロー→エビ固め

▼第3試合 30分1本勝負
YOSHI-HASHI ×
石井 智宏
後藤 洋央紀
矢野 通 
オカダ・カズチカ
vs
石森 太二
高橋 裕二郎
バッドラック・ファレ
KENTA 〇
“キング・オブ・ダークネス”EVIL
11分50秒  首固め

■次ページに続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2