【WWE】KUSHIDAが強豪ピート・ダンと激闘の末、無念の3カウント

KUSHIDAが「NXTテイクオーバー:スタンド&デリバー」のオープニングマッチとしてピート・ダンと激突するも、激闘の末にビター・エンドを食らって3カウントを奪取された。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

KUSHIDAは11人バトルロイヤルで遺恨が勃発したダンにアーム・バーやチョップ連打で攻め込むと、ダンも飛び付きトライアングルやKUSHIDAの指を引き裂いて反撃。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにアーム・バーの応酬からダンが延髄切り、KUSHIDAがマサヒロ・タナカを放って互角の攻防を展開するとKUSHIDAがドロップキック、ハンドスプリング・ニールキック、雪崩式ホバーボードロックと怒涛の連続攻撃を決めるもロープエスケイプ。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはKUSHIDAが再びマサヒロ・タナカを放つも最後はダンのビター・エンドを食らって無念の敗戦となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事