【WWE】紫雷イオが「NXTテイクオーバー」でまさかの王座陥落 新王者はラケル・ゴンザレス

王者紫雷イオが「NXTテイクオーバー:スタンド&デリバー」のNXT女子王座戦で自ら指名したラケル・ゴンザレス(withダコタ・カイ)にムーンサルト3発を繰り出して猛攻を仕掛けるも、怪力のラケルにチョークスラムを叩き込まれてまさかの王座陥落となった。

WWEと正式契約したサレイがリングサイドで見守る中、メイン戦に登場したイオはラケルのビックブーツを食らいながらもチョップ連打やクロスボディで攻め込むと、セコンドのダコタがイオを捕まえて介入したため退場処分。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

続けてイオが得意のスプリングボード・ムーンサルトを放てば、ラケルがポストやロープへの強打からのエルボードロップ3連発を放って激しい攻防を展開した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにイオはフランケンシュタイナーからダブル・ストンプ、619、スプリングボード・ドロップキックと怒涛の連続攻撃を放ってクロス・フェイスでラケルを締め上げると、続けてステージの骸骨ステージセット上から躊躇なくダイブ攻撃を放った。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

攻撃の手を緩めないイオは再び必殺のムーンサルトを叩き込んだが、これをカウント2で返したラケルがビックブーツからチョークスラムを叩き込んで「寝てろ」とイオを侮辱すると、最後は強烈なクローズラインから再びチョークスラムでイオを沈めて3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

イオは崇拝するレイ・ミステリオを彷彿とさせる猛攻を仕掛けるも打たれ強いラケルに敗れて300日以上保持したNXT女子王座から陥落した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事