【DDT】高尾蒼馬がUNIVERSAL王座戦の前哨戦で王者・上野勇希に直接勝利!「5・4後楽園はこんなもんじゃすまない!」

DDTプロレスの4月11日、東京・後楽園ホール大会で、「ダムネーション」の高尾蒼馬がDDT UNIVERSAL王座獲りを猛アピールした。

 この日の第4試合で、高尾は佐々木大輔、火野裕士とのトリオで、「The 37KAMIINA!」の上野勇希、勝俣瞬馬、MAO組と激突。15分過ぎ、高尾がリバースゴリースペシャルボムを決めたがカウント2で自ら引き起こした。さらに、レフェリーの死角を突いた高尾は、急所蹴りからジントニックを繰り出し、ヒザで踏み付けて3カウントを奪った。

 高尾が「弱いチャンピオン、5月4日はこんなんじゃすまねえからな!」と吐き捨てると、上野は「この重い負けはしっかり感じて。タイトルマッチは防衛したいと思います」と自身に言い聞かせていた。

【大会名】MAX BUMP 2021
【日時】2021年5月4日(火=祝) 開場17:30 開始18:30
【会場】東京・後楽園ホール
 
DDT UNIVERSAL選手権試合
<王者>上野勇希 vs 高尾蒼馬<挑戦者>
※第4代王者5度目の防衛戦。

全試合結果は以下

【大会名】April Fool 2021
【日時】2021年4月11日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】650人(超満員札止め)

アンダーマッチ 15分一本勝負
○岡谷英樹 vs 小嶋斗偉●
5分6秒 ノーザンライト・スープレックス・ホールド

オープニングマッチ 高鹿佑也デビュー戦 30分一本勝負
○岡田佑介 vs 高鹿佑也●
7分28秒 逆エビ固め

第二試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&○赤井沙希&飯野雄貴&納谷幸男 vs 大石真翔&彰人&平田一喜&中村圭吾●
10分8秒 ケツァル・コアトル

第三試合 ゴージャス松野プレ還暦記念試合 30分一本勝負
○遠藤哲哉&マッド・ポーリー&島谷常寛 vs ゴージャス松野●&大鷲透&アントーニオ本多
0分24秒 エビ固め
※ヘッドシザースから

再試合
遠藤哲哉&マッド・ポーリー&●島谷常寛 vs ゴージャス松野&大鷲透&アントーニオ本多○
6分59秒 片エビ固め
※ダイビング・フィストドロップ

第四試合 DAMNATIONvsThe 37KAMIINA! 30分一本勝負
佐々木大輔&○高尾蒼馬&火野裕士 vs 上野勇希●&勝俣瞬馬&MAO
15分50秒 踏み付け式体固め
※ジントニック

セミファイナル KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>樋口和貞&●坂口征夫 vs HARASHIMA○&岡林裕二<挑戦者組>
18分36秒 片エビ固め
※蒼魔刀。坂口組が3度目の防衛に失敗、スマイルピッサリが第69代王者組となる。

メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○秋山準 vs 男色ディーノ●<挑戦者>
23分37秒 体固め
※チ●コクラッチ式エクスプロイダー。第76代王者が2度目の防衛に成功。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事