【WWE】“絶対王者”ローマン・レインズが祭典WMで三つ巴を制して王座防衛に成功

日本時間412日、フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムにて行なわれたPPV「レッスルマニア37DAY2がライブ配信された。

◆“絶対王者”ローマン・レインズが祭典WMで三つ巴を制して王座防衛に成功

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王者ローマン・レインズ(withジェイ・ウーソ、ポール・ヘイマン)がRR戦覇者エッジ、“イエス男”ダニエル・ブライアンとPPV「レッスルマニア37(WM)」のユニバーサル王座トリプルスレット戦で激突し、顔面へのパイプ椅子攻撃でエッジを沈めて王座防衛に成功した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤、3者が入り乱れた攻防を展開するも場外でジェイがスーパーキックでブライアンとエッジに襲い掛かってレインズが試合を優勢に進めた。

しかし、エッジがDDTでジェイを鉄製ステップに叩きつけて排除すると形成逆転。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レインズはブライアンの顔面ストンピングからイエスロックを決められてタップ寸前まで追い込まれ、さらにエッジのクロスフェイスとブライアンのイエスロックを同時に決められてピンチに陥った。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

続けてレインズはエッジのスピアーを食らうもブライアンがレフェリーの足を引っ張ってカウント2で難を逃れると、終盤にはエッジが顔面へのパイプ椅子攻撃でブライアンを沈め、再び妨害を狙うジェイをスピアーで排除したが、最後はレインズがスピアーから顔面へのパイプ椅子攻撃をエッジに放つと倒れ込んだエッジをブライアンに重ねて3カウント。

レインズはジェイの加勢を受けながら2人を相手に王座防衛に成功し、全世界に自身が絶対王者であることを認めさせた。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

J SPORTS(ジェイスポーツ)オンデマンド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事