【DDT】UNIVERSAL王者・上野勇希が高尾蒼馬を破りV5に成功し次期挑戦者に彰人を指名「彰人さんを乗り越えて楽しんでこのベルトを防衛します」

 DDTプロレスが5月4日、東京・後楽園ホールで「MAX BUMP 2021」を無観客で開催し、動画配信サイト「WRESTLE UNIVERSE」で生中継された。メインイベントではDDT UNIVERSAL王者・上野勇希が高尾蒼馬を破って5度目の防衛に成功。次期挑戦者には彰人を指名し、同29日、福岡・西鉄ホール(夜の部)でのタイトル戦が決まった。

 調印式では、頭に酒をかけられるなどして怒り心頭の上野は、入場ゲートの上に飛び乗ってケブラーダを見舞うなど得意の空中戦を駆使して攻撃。

キャリアでは先輩にあたる高尾も意地を見せて、奈落式のディープインパクトを繰り出すなど厳しい攻めを見せた。

両者ともノンストップのめまぐるしい攻防が続いたが、25分過ぎ、上野が腕を決めて変型ストレッチボムを決めるもカウントは2。ならばと上野はドロップキックからWRをさく裂させて3カウントを奪取した。

 試合後、今林久弥GMから「誰か闘いたい相手はいますか?」と問われると、上野は彰人を指名。彰人がリングインすると、上野は「彰人さんとは、何だか近いようで遠いまま、今日までずっと来てて。このベルトを懸けて、もっともっと近付きたい」とアピール。彰人は「僕のことを指名してくれて、俺は本当にありがたいと思っています。だって僕はもう君たちにはもう敵わないと思っていますから。敵わないと言っただけで、勝てないとはひと言も言ってない。僕はデビューしたときから、人の足を壊し続けて10数年。君が味わったことがないプロレスが、僕にはあるんです!」と応じた。

 この後、DDTではタッグリーグ戦が開幕することから、今林GMは同リーグ戦が閉幕後の29日の博多大会でのタイトル戦を提案。両者が受諾したため、同大会での実現が決定した。

 バックステージで上野は「ホントに楽な試合なんてない。お客さんがいなくてもUNIVERSEで見てくれて。会場にいなくても、こんなにもプロレスは痛くて楽しいんですね。高尾さん、楽しまないって言ったけど、楽しかった。次の挑戦者は彰人さん。僕があまり知らないタイプのレスラーですからね。彰人さん、どんな理由だろうが、対戦相手に敵わないなんて言ってたら、もう僕は敵っちゃいますよ。残念ながら彰人さんがもう勝つことはないです。僕は彰人さんを乗り越えて、彰人さんを楽しんでこのベルトを防衛します」と自信を見せた。

 対する彰人は「指名してくれたことはホントに光栄。サウナ部(The 37KAMIINA)の連中には敵わないと思っていました。それはただ、身体能力とかスタミナ、運動神経の部分で敵わないと思っているだけで、プロレスはそれだけじゃないから。ずっと自分の特徴である足攻めを磨き続けて、今ここまでやってきて。彼はたぶん、その本気のプロレスを味わったことがない。彼はそれに対抗できるのかなって僕は言いたい。僕は身体能力とかはないかもしれないけど、足攻めという技術だけだったら世界に通用すると思っているから。自分と同じ世代の翔太さんや高尾が負け続けてる以上、世代的なものでも悔しいことがあるし、ここでアイツにちょっと足を止めてもらおうかなと思います」と王座獲りを見据えていた。

MAX BUMP 2021
【日時】2021年5月4日(火・祝)
【会場】東京・後楽園ホール

▼オープニングマッチ いろいろあった菊タローの笑顔を取り戻すための3WAYマッチ 30分一本勝負
○菊タロー vs アントーニオ本多 vs 男色ディーノ●
7分11秒 監獄固め

▼第二試合 30分一本勝負
○彰人 vs マッド・ポーリー●
7分59秒 足4の字固め

▼第三試合 KO-D8人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>○高木三四郎&納谷幸男&力&なべやかん vs 中村圭吾●&岡谷英樹&小嶋斗偉&高鹿佑也<挑戦者組>
9分17秒 エビ固め
※シットダウンひまわりボム。第4代王者組が初防衛戦に成功。

▼第四試合 3WAY6人タッグマッチ 30分一本勝負
佐々木大輔&遠藤哲哉&火野裕士 vs 樋口和貞&坂口征夫&●飯野雄貴 vs 竹下幸之介○&勝俣瞬馬&MAO
11分26秒 片エビ固め
※MADMAX

▼第五試合 DDT EXTREME級&アイアンマンヘビーメタル級両選手権試合 60分一本勝負
<EXTREME級王者>○クリス・ブルックス vs 赤井沙希●<アイアンマン王者>
17分38秒 片エビ固め
※プレイングマンティスボム。赤井がアイアンマンヘビーメタル級王座防衛に失敗、クリスが第51代DDT EXTREME級王座2度目の防衛に成功するとともに第1507代アイアンマンヘビーメタル級王者となる。

▼セミファイナル 30分一本勝負
秋山準&○大石真翔&岡田佑介 vs HARASHIMA&大鷲透&平田一喜●
11分42秒 ブルーダリア

▼メインイベント DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○上野勇希 vs 高尾蒼馬●<挑戦者>
25分39秒 片エビ固め
※WR。第4代王者が5度目の防衛に成功。

(写真提供:DDTプロレスリング)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事