【新日本】新たに7選手の新型コロナウイルス陽性判定を報告

©新日本プロレス

新日本プロレスは9日、新たに7選手が新型コロナウイルス陽性判定を受けたことを発表した。

5日に2選手が陽性判定を受けたことを報告していたが、今回の7選手と合わせて9選手が感染となった。

<以下、新日本プロレス公式HPより>

5月4日福岡大会以降、シリーズ帯同の全選手を対象に実施したPCR検査にて、選手7名が新たに新型コロナウイルス陽性判定を受けましたので、ご報告いたします。
 
既報通り、5月4日福岡国際センター大会の午前中に発熱のあった選手2名を新型コロナウイルス判定基準に従って検査したところ2名とも陽性となりました。その後、濃厚接触者を含むシリーズ帯同の全選手に対して行ったPCR検査の結果、新たに選手7名の陽性が判明いたしました。
 
現在、陽性判定を受けた全選手が軽症もしくは無症状ではありますが、保健所、医療機関の指導の下、隔離措置の上、治療に専念してまいります。
 
新日本プロレスではこれまで、専門家の指導を踏まえ作成した対策ポリシーに基づき、日常的な体温、血中酸素飽和濃度の把握、定期的なPCR検査等をはじめとした事前対策とあわせ、巡業中には会場入りの際の検温、練習中や控室でのマスク着用義務化、弁当形式の夕食を支給しての夜間外出自粛等を実践してまいりましたが、今回の事象を重く受け止め、更なる感染対策の強化に努めてまいります。
 
ファンの皆様、関係者の皆様には多大なるご迷惑とご心配をお掛けしてしまい、大変申し訳ございません。何卒、よろしくお願いいたします。
 
 
新日本プロレスリング株式会社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事