「千葉県を元気に!」ザ・グレート・サスケが中心となり7・11多古町でチャリティプロレス開催!地元のゆるキャラ・ふっくらたまこに来場ラブコール!

 “東北の英雄”ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)らが中心となって、7月11日に千葉・多古町内で「多古町チャリティプロレス」(会場は調整中、同実行委員会主催)を入場無料で開催することが15日に明らかになった。

 かねて同町とつながりがあったサスケは、昨年10月に地元の岩手で行われた最後の「ゆるキャラグランプリ」で、同町のマスコットキャラクター・ふっくらたまこを熱烈応援。サスケが自身のSNSで呼び掛けたところ、みちプロのファンがこぞって投票したこともあり、ふっくらたまこが全国で8位に躍進した逸話もある。

 ふだんは東北を拠点にするサスケだが、「多古町にはお世話になってますし、千葉県も森田健作前知事と仲良くさせてもらってて、熊谷俊人現知事とも仲良くなりたいんです。みちプロが掲げる“地域興し”という点では、東北も千葉も同じ。こういうご時世ですけど、千葉県、多古町を元気にしたい! プロレスで千葉を盛り上げたい」とチャリティイベントを実施することを決意した。

 大会開催にあたっては、サスケ、雷神矢口(フリー)が所属す芸能プロダクションのアルファ・ジャパンプロモーション(荒井英夫会長)が発起人となり、プロレスリングZERO1が全面協力。14日にはサスケ、矢口らが多古町に入り、会場候補地を視察した。

 サスケは「当日はソーシャルディスタンスをしっかり取って、万全の感染対策を施してやりたい。ふっくらたまこにはぜひ来場してもらって、リングに上がって、多古の皆さんを喜ばせてほしい」と人気のゆるキャラにラブコールを送った。

 なお、同大会にはサスケ、矢口のほか、ZERO1の大谷晋二郎、田中将斗、橋本友彦(プロレスリングA-TEAM)の参戦が決定済みで、試合会場は追って発表される見込みだ。

〈写真提供:多古町チャリティプロレス実行委員会〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事