【新日本】5月22日(土)愛知大会から再開、後楽園ホール大会の実施も決定


©新日本プロレス

新日本プロレスは5日に2選手が陽性判定を受けたことを報告、そして9日に7選手の合計9選手が新型コロナウイルスに感染したことを報告していた。

また、緊急事態宣言の延長に伴い大会の中止・延期を発表していたが、22日愛知大会から再開することを発表した。

<以下、新日本プロレス公式HPより>

新日本プロレスでは、5月の5大会の中止並びに延期を発表しておりましたが、5月22日(土)愛知・名古屋国際会議場・イベントホールより大会を再開し、5月24日(月)、25日(火)、26日(水)後楽園ホールに関しても大会を開催いたします。

5月5日、5月9日に新型コロナウイルス陽性者のご報告をさせて頂き、皆様にはご心配をお掛けいたしました。当該選手はその後も軽症もしくは無症状であり、隔離措置の上、治療に専念してまいりました。また、濃厚接触者やその疑いがある選手についても、自主的な隔離措置を講じてまいりました。隔離期間が終了した選手は、練習を再開しております。

今回の大会については、参加全選手・スタッフへのスクリーニング検査を経て、医師・トレーナーと連携の上、長期の隔離期間が及ぼす影響も見極めつつ、出場選手を決定いたしますことをあわせてご了承ください。

新日本プロレスではこれまで、専門家の指導を踏まえて作成した対策ポリシーに基づき、日常的な体温、血中酸素飽和濃度の把握、定期的なスクリーニング検査をはじめとした事前対策とあわせ、会場入りの際の検温、練習中や控室でのマスク着用義務化、弁当形式の夕食を支給しての夜間外出自粛等を実践してまいりましたが、この度の事象を真摯に受け止め、体調管理とスクリーニング検査の手法・頻度の拡充を中心に、さらなる感染対策の強化に努めてまいります。

会場に関しましても「興行における新型コロナウイルス感染症対策ポリシー」に沿った、徹底した感染対策を講じて、安心・安全の大会運営を行って参ります。みなさまのご来場をお待ちしております。

新日本プロレスリング株式会社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事