【新日本】コロナ陽性判定を受けて欠場中のオカダ・カズチカがサプライズ登場!“IWGP世界王座奪取”宣言

現在、コロナ陽性判定を受けて欠場中のオカダ・カズチカが5月26日(水)、『Road to WRESTLE GRAND SLAM』後楽園ホール試合前にサプライズ登場した。

オカダ・カズチカ「みんな元気?まあ、おまえが言うなって話だよね。でも、オカダ・カズチカ、元気で~~~~~す! まあ今回は、いろいろありましたけれど、まあ5月29日に予定されていた、タイトルマッチの件で、お話をしに来ました。

まあ今回、ベルトに挑戦する予定でしたけども、今回は、辞退を、させて、頂こうかなと……、思うわけないよね?だってオレ、元気だもん!このまま、まあオスプレイは返上という形になりましたけれども、タイトルマッチ、新日本プロレス、今、オレみたいな人間が、チャンピオンになって、盛り上げないとダメだと、オレは思ってるので、必ずチャンピオンになります。

なんで、新日本プロレス、オレのこと、元気だから、タイトルマッチ、よろしくお願いします。今日はこんな格好ですけども、次皆さんと会う時は、ちゃんとコスチュームを着て、カッコいいオカダ・カズチカを見てもらおうと思いますので、またお待ち下さい。今日は、皆さん、これからまた熱い戦いを新日本プロレス、やりますので楽しんでいって下さい。ありがとうございました!」

◆バックステージコメント

オカダ「まぁ、いろいろとありましたけど、リング上でも言ったように、僕は元気ですから。コロナにかかったからと言って、オカダ・カズチカの挑戦は延期でもいいんじゃないかと。東京ドームも横浜スタジアムも延期になって、僕の挑戦も延期になるっていうのは、それね、こんなに元気なのに、それはちょっと納得いかないんで、改めて今日、こうやってリング上で言わせてもらいました。……っていうぐらいですかね。まぁ、コロナのことはいろいろ、僕のラジオとかで言ったりとかもしてるんで。まぁでも本当に、感謝しかないですね。医療従事者の方であったり、保健所の方であったり、新日本プロレスに一番感謝してます。

会社も何も分からない状況の中で、しっかりとケアを、いろいろとやってくれましたし、こうやって元気でいられるのも、新日本プロレスがいろいろとケアしてくれたおかげだなと思ってますんで。まぁいろいろと……コロナにかかった選手を守ろうとして、選手名を伏せてましたけど、僕が勝手に言っちゃって(笑)。ま、それもね、許してくれましたし。許してくれたってわけでもないですけども。まぁでも、『それを伝えることもすごく大事だ』って言ってくれましたし。本当にいろんな方に支えられてやれてるっていうのはあるんで、すごく感謝を感じることができましたし、感謝だけで終わるわけにはいかないですからね。

すごい戦いをして、新日本プロレスだったり、心配してくれた人、ファンの皆さんであったり、いろんな人に熱い戦いで返していかないといけないと思いますから。ホントにね、リングに上がって……(※宙を見つめて考えながら)何だろうなぁ……今月も3日しか試合してないですし、先月もホントに数えるぐらいしか試合してないんで、いろいろと溜まってる中で、発散できずにこういう状況になってしまったので、次、まだどうなるか分からないですけど、溜まったものをどんどん吐き出していきたいなと思ってますんで、期待してください(※笑顔で親指を立てる)」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事