【ノア】杉浦貴&桜庭和志vs男色ディーノ&スーパー・ササダンゴ・マシンが6.6『CyberFight Festival 2021』で決定!

プロレスリング・ノアは31日、東京・後楽園ホールで『三沢光晴メモリアル2021 in 後楽園ホール~Forever in our hearts~』を開催した。

第4試合で行われたGHCナショナル選手権試合では杉浦貴が杉浦軍同門対決となる桜庭和志との戦いを制して防衛に成功すると、試合後に対戦要求を続けているDDTプロレスの男色ディーノ&スーパー・ササダンゴ・マシンが登場。

リングに入ろうとする二人に杉浦は「おいおいおい、おい何しに来た!またぐなよ。またぐなよオマエ!」とけん制。

ササダンゴはエプロンサイドで「6.6サイバーファイトフェス2021、その成功を祈念して、我々は再三にわたり杉浦軍の皆さんに交流戦の要求をして参りました。今、お二人にイエスかノーかそのお答えは聞きませんが、その代わりに、サイバーファイトフェスを成功させるためのプラン、そのA案とB案を用意して参りました」とグルグルバットデスマッチ、そしてタッグベルトであるSUGIベルト・SAKUベルトへの挑戦をプレゼンした。

これに杉浦は「俺たち杉浦軍はな、誰の挑戦でも受けるぞコラ!」と挑戦を受諾すると、大会終了後に正式に両チームの対決が発表された。

【大会名】CyberFight Festival 2021
【日時】2021年6月6日(日) 開場12:00 開始14:00
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ
 
DDTvsNOAH対抗戦
男色ディーノ&スーパー・ササダンゴ・マシン vs 杉浦貴&桜庭和志

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事