プロレスデビュー2戦目のSKE48荒井優希が「今の全力を出したいと思います」と意気込み! 対戦する伊藤麻希は“さいたま伊藤リスペクト軍団2021”を結成【サイバーフェス6・6さいたまSA】

 DDTプロレスリング、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスによる4団体合同興行「CyberFight Festival 2021」(6月6日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に向け、6月3日、東京・渋谷区のAbemaTowersで東京女子が記者会見を開き、本格的なプロレスデビュー2戦目に挑むSKE48荒井優希が意気込みを力強く語った。

 5月4日の東京・後楽園ホール大会(無観客試合)でのタッグマッチでデビュー戦を行った荒井だが、伊藤麻希に無念のギブアップ負けを喫した。今大会では、第5試合で乃蒼ヒカリ、瑞希とトリオを結成し、“天敵”ともいえる伊藤、上福ゆき、小橋マリカ組と対戦する。

 荒井は「デビュー2戦目で、観客ありだと初めての試合になるので、すごく緊張する部分もあるんですけど。プロレス好きが集まるということで、皆さまに認めていただけるように。そしてふだんプロレスを見ない方も、きっと見てくださると思うので、そういう皆さまには『また見に行きたい』って、思っていただけるように。私の今の全力を出したいと思います」と意欲。

 デビューから1カ月が経ち、必殺技「Finally(カカト落とし)」以外の技の披露にも期待がかかるが、「デビュー戦を踏まえて、自分でもまだまだだなって感じる部分が多くて悔しい気持ちもたくさんあったので。以前より、たくさん練習させていただいています。技などは当日楽しみにしてくださるとうれしいので、皆さん見ててください」(荒井)と新兵器の開発を示唆。

 有観客では初めての試合になるが、荒井は「皆さんが期待してくださってる分、自分がどこまでできるかって不安はあるんですけど。出るからにはプロとしてしっかりかっこいい姿をお見せできるように。あと3日、しっかり練習していきたいと思うので、期待していてくださるとうれしいです」とコメント。

「Finallyはパワーアップしたか?」との問いに、荒井は「前回Finallyを披露させていただいて、いろんなところから、『よかった』とほめていただいたので。バランスがすごく大事だと思うので、バランス感をしっかり磨きをかけて、次の試合でも出せるよう頑張りたいと思います」と話した。

 荒井とタッグを組む瑞希は「珍しいチームなんですけど、瑞希らしさ、ヒカリちゃんらしさ、優希ちゃんらしさ、それぞれ自分らしさを全開に出していけば、東京女子らしさも出ると思うので、スターティングバトルからトリプルメインまで、東京女子らしさ全開だと思うんですけど、私たちも自分自身も負けないように暴れ倒したいと思います」と、乃蒼は「さいたまSAという大きな会場で、今すごく注目されているお2人とタッグを組ませていただけるのは、私のなかで大きな経験になると思ってるんですけど。私も今こうしてベルトを持って、チャンピオンとして闘わせていただいているので。3人で東京女子らしさ全開で勝ちを取りにいきたいなと思ってます」と語った。

 対する伊藤は、この試合に臨むにあたって、「さいたま伊藤リスペクト軍団2021」を結成したと言い、お揃いのTシャツで登場。伊藤は「実はこの2人、水面下でずっと伊藤の元で働いてくれていて。コロナ禍でも伊藤のポートレートやTシャツなどの梱包や発送、電話対応などもしてくれていて。その日頃の成果を見て、この2人を選抜することになりました。結成したからには、必ず勝利を収めて。来てくれたお客様すべてを幸せにさせたいなと思っております」とコメント。

 上福は「コロナ禍で失業する人が増えているなかで、伊藤様は私たちにお仕事とお賃金をくださいました。半年かけて、今や伊藤様のサインは完全コピーできるようになりました」と発言すると、伊藤に「バレるだろ!」と叱責された。

 小橋は「伊藤様の元でギャルとしてさらなる高みを目指すため、渋谷からさいたま、そして世界に飛び出すために半年前から。グッズの梱包作業やら、発送やら、電話対応やらといった厳しいトレーニングを乗り越えてきたので気合は十分です」と話し、伊藤に洗脳されてしまったのか、上福とともに完全に借りてきた猫状態だった。

CyberFight Festival 2021
【日時】2021年6月6日(日) 開始14:00 ※STARTING BATTLE 12:45~
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ

第五試合 東京女子プロレス提供試合 20分一本勝負
乃蒼ヒカリ&瑞希&荒井優希 
vs 
伊藤麻希&上福ゆき&小橋マリカ

〈写真提供:CyberFight〉

プリンセス・オブ・プリンセス王者・山下実優インタビュー①
「6.6は特別な大会!坂崎ユカと東京女子の歴史とこれからをみせる」と決意を語る

プリンセス・オブ・プリンセス王者・山下実優インタビュー②
6.6東京女子提供試合の見所と6.17プリンセスタッグ戦を語る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事