【DDT】秋山準がDDTの強さの象徴HARASHIMAを締め落としてKO-D無差別防衛!6.6 CyberFight Festival 2021

6日、CyberFightグループに所属する4団体(プロレスリング・ノア、DDTプロレスリング、東京女子プロレス、ガンバレプロレス)がさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて『CyberFight Festival 2021』を開催した。

トリプルメインイベントⅡではKO-D無差別級選手権試合が行われ、王者・秋山準にDDTの強さのアイコンのHARASHIMAが挑戦した。HARASHIMAは得意の蹴りを中心に厳しい攻めを展開したが、最後は秋山のフロント・ネックロックで締め落とされて敗退。秋山準は王座を防衛した。

CyberFight Festival 2021
【日時】2021年6月6日
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ
【観衆】4800人(超満員)

試合経過は下記の通り

HARASHIMAはスワンダイブ式の蒼馬刀で勝負を決めに行くもこれを秋山にかわされてしまいヒザを強打してしまう

最後は秋山がフロント・ネックロックでHARASHIMAを締め落としレフェリーストップに

▼トリプルメインイベントⅡ KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○秋山準 vs HARASHIMA●<挑戦者>
18分53秒 TKO勝ち
※フロント・ネックロック→レフェリーストップ。第76代王者が3度目の防衛に成功。

泡をふいて失神したHARASHIMAは試合後呆然とした表情に

勝った秋山に殴り掛かりにいくも決着がついた後でレフェリー・セコンドが止めに入る

<バックステージ>

――HARASHIMA選手を退けた今の心境は

秋山 もうDDTのアイコンと言われる人間は全部倒して、あとは誰かな?次、D王グランプリ? 違うわ。KING OF DDTがあるから、あれで俺が優勝して、今日、最後頑張ってた、50歳であんなビンタをバンバン打たれる高木三四郎社長を俺が優勝して指名します。52か、お互いに。52歳であんなビンタ食らってる人もなかなかいないよ。

それで立ってたから、やっぱ元気だ、あの人。さすが。社長しながらやってるのも大変だと思うけど、その高木三四郎と是非。そのためにもKING OF DDT優勝しないと。優勝します。年末にやったのがD王グランプリ? あれは俺が獲った。次それやったらほとんど全部だね。久しぶりの大きい会場で、お客さんはなかなか声出せなくて大変だと思いますけど、駆けつけてくれたファンの方々ありがとうございました。そしてWRESTLE UNIVERSEで視聴してくださった皆様もありがとうございました。

――勝因はどこにあると思う

秋山 経験…ほとんど全部じゃないですか。全部上回ってる。だから勝ったんだと思う。もちろんDDTの人たちが応援してる、それもわかりますけど、経験とか、やってきた数とか、やってきた試合とか、それはやっぱりたぶん違うと思うんで、その差じゃないですか。

――ハンマーを持って入場したが

秋山 俺、DDTのチャンピオンだから。高木さんもあれだけみんなでやってて、俺も持たないといけないかなと思った。それはそれ、試合は俺の試合。ただ俺はDDTのチャンピオンっていうのをあれだけで、あの一瞬で見せたかった。

――最後、3カウントではなくギブアップを奪ったが

秋山 とにかく最後は何でもいいから絞め落としてやろうと思って。だいぶ俺のネックロックをシリーズ中にも使ってくれてたんで、その感謝も込めて落とさせてもらいました。

――HARASHIMA選手の気持ちは感じた

秋山 感じますよ。それは彼のレスラーとして、人間としての素晴らしさをいつもそばで見て感じてます。ただ、それとリング上の戦いはまた別なんでね。これはベルトがかかった戦いなんで勝たないとね。

HARASHIMA まぁ見ての通りですけど。僕が返せなかったので、レフェリーが止めたのは正解でしょう。

――タイトルマッチで戦った秋山選手はどうだったか

HARASHIMA 強いですね、やっぱりチャンピオンなんで。

――これまで鍛えてきたものをぶつけられた

HARASHIMA ぶつけてはいたと思うんですけど、そんなの相手にとっては何でもないことのなのかなと思いながら。本当勝って、観に来てくれたお客さんに喜んでもらいたかったんですけど、自分がふがいないですね。悔しいです。

――チャンピオンの強さを感じた

HARASHIMA 正直にチャンピオン・秋山準は強かったです。まぁ、今回一つ僕が自信というか目標になったことがあって、秋山選手、僕より年齢が上でも全然チャンピオンでやってるんで、僕も今の秋山さんの年齢いくぐらいまではバリバリできるなという一つの自信にはなったんで。今日は悔しいですけど、頑張りますよ。

 

なお本大会はWRESTLE UNIVERSEでライブ配信された。アーカイブもUNIVERSEで視聴可能だ。

CyberFightFestival2021の各試合結果は下記の通り

▼STARTING BATTLE KICKOFF 東京女子プロレス提供10人タッグマッチ~鳥喰かやデビュー戦 15分一本勝負
角田奈穂&らく&原宿ぽむ&●桐生真弥&鳥喰かや vs 舞海魅星○&鈴芽&猫はるな&宮本もか&遠藤有栖
12分29秒 片エビ固め
※ラリアット

▼STARTING BATTLE 時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負 
○アントーニオ本多<12> vs 井上雅央●<5>
22分31秒 横入り式エビ固め
※< >内は入場順。
【退場順】
①○火野裕士<11> vs まなせゆうな●<10>
11分11秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○みんな vs 大石真翔●<2>/岡田佑介●<8>
11分31秒 体固め
※押さえ込む。
③○谷口周平<5> vs 桜井鷲●<9>
12分57秒 片エビ固め
※ファンキー・プレス
④○火野裕士 vs 高鹿佑也●<3>
13分6秒 体固め
※ダイビング・ボディープレス
⑤○井上雅央 vs 谷津嘉章●<1>
14分4秒 横入り式エビ固め
⑥○齋藤彰俊<5> vs 平田一喜●<4>
16分31秒 片エビ固め
※スイクルデス
⑦○モハメドヨネ<5>/○大鷲透<7> vs 火野裕士●/谷口周平●
17分11秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑧○井上雅央 vs 齋藤彰俊●
18分51秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑨○モハメドヨネ vs 赤井沙希●<6>
19分27秒 体固め
※キン肉バスター
⑩○大鷲透<7> vs モハメドヨネ●
19分3秒 十字架固め
⑪○アントーニオ本多/○井上雅央 vs 大鷲透●
19分4秒 エビ固め
※十字架固めをひっくり返す。

▼STARTING BATTLE MAIN ガンバレ☆プロレス提供試合 15分一本勝負
大家健&石井慧介&●翔太 vs 勝村周一朗&岩崎孝樹○&今成夢人
8分43秒 片エビ固め
※垂直落下式リバースDDT

▼オープニングマッチ DDTvsNOAH対抗戦 15分一本勝負
飯野雄貴&●小嶋斗偉 vs 宮脇純太○&岡田欣也
7分39秒 変形腕ひしぎ逆十字固め

▼第二試合 東京女子プロレス提供3WAYタッグマッチ 15分一本勝負
辰巳リカ&渡辺未詩 vs ○中島翔子&ハイパーミサヲ vs 天満のどか&愛野ユキ●
8分4秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン

▼第三試合 DDTvsNOAH対抗戦 20分一本勝負
男色ディーノ&●スーパー・ササダンゴ・マシン vs 杉浦貴○&桜庭和志
9分25秒 体固め
※オリンピック予選スラム

▼第四試合 DDTvsNOAH対抗戦 20分一本勝負
●岡谷英樹 vs マサ北宮○
2分25秒 監獄固め

▼第五試合 東京女子プロレス提供試合 20分一本勝負
乃蒼ヒカリ&瑞希&●荒井優希 vs 伊藤麻希○&上福ゆき&小橋マリカ
13分2秒 伊藤パニッシュ

▼第六試合 NOAH提供試合 30分一本勝負
小峠篤司&○原田大輔&大原はじめ vs 小川良成&HAYATA&吉岡世起●
13分33秒 片山ジャーマン・スープレックス・ホールド

▼第七試合 DDT提供試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&勝俣瞬馬&●MAO vs 佐々木大輔○&遠藤哲哉&高尾蒼馬withマッド・ポーリー
14分36秒 クロスオーバー・フェースロック

▼第八試合 DDTvs金剛全面対抗12人タッグマッチ 30分一本勝負
○高木三四郎&彰人&樋口和貞&坂口征夫&吉村直巳&納谷幸男 vs 拳王&中嶋勝彦&征矢学&覇王●&仁王&タダスケ
19分59秒 エビ固め
※シットダウンひまわりボム

▼第九試合 DDTvsNOAH対抗戦 30分一本勝負
竹下幸之介&○上野勇希 vs 清宮海斗●&稲村愛輝
17分51秒 片エビ固め
※BME

▼トリプルメインイベントⅠ プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 坂崎ユカ●<挑戦者>
16分36秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート。第9代王者が初防衛に成功。

▼トリプルメインイベントⅡ KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○秋山準 vs HARASHIMA●<挑戦者>
18分53秒 TKO勝ち
※フロント・ネックロック→レフェリーストップ。第76代王者が3度目の防衛に成功。

▼トリプルメインイベントⅢ GHCヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>●武藤敬司 vs 丸藤正道○<挑戦者>
23分30秒 体固め
※虎王・零。武藤が3度目の防衛に失敗、丸藤が第35代王者となる。

(写真提供:CyberFight)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事