【東京女子】山下実優が坂崎ユカと歴史を示すプリプリ選手権で王座を防衛!6.6 CyberFight Festival 2021

6日、CyberFightグループに所属する4団体(プロレスリング・ノア、DDTプロレスリング、東京女子プロレス、ガンバレプロレス)がさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて『CyberFight Festival 2021』を開催した。

トリプルメインイベントⅠ ではプリンセス・オブ・プリンセス選手権試合が行われ、王者・山下実優に同じく創成期から団体を支えてきた坂崎ユカが挑戦した。試合は凄みをみせる坂崎ユカが得意の空中殺法を含め壮絶な試合を見せるが、最後に山下がSkull Kickからクラッシュ・ラビットヒートの連打で坂崎からスリーカウントを奪い、団体至高のベルトを防衛した。

CyberFight Festival 2021
【日時】2021年6月6日
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ
【観衆】4800人(超満員)

試合経過は下記の通り

試合終盤、山下実優はSkull Kickを放ちこれが坂崎ユカにクリーンヒット

クラッシュ・ラビットヒートは坂崎にかわされそうになるも角度を変えて背後からの一撃

正調のクラッシュ・ラビットヒートを叩きこみ山下実優がスリーカウントを奪い取った。

▼トリプルメインイベントⅠ プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 坂崎ユカ●<挑戦者>
16分36秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート。第9代王者が初防衛に成功。

試合後、向かい合った両者だったが坂崎ユカは山下実優の頬を張って花道を去った。まだ2人の戦いは続くのだ…

<バックステージ>

山下 さいたまスーパーアリーナ、この東京女子のベルトをかけて、物凄く楽しかったし、この会場に入った瞬間、入場した瞬間、目の前に相手として坂崎がいて、周りを見ればお客さんがいて、東京女子プロレスにとって大きなチャンスでした。正直、悔しいところもあります…結果として勝って、このベルトがまだ私の手元にあるけど…悔しい部分も正直あります。だけど、私はチャンピオン。私は東京女子プロレスの山下実優。どんどん突き進んでいかなきゃいけないし、東京女子プロレスの今日みんなと出れて本当に良かったです。東京女子プロレスがDDTの女子部、そうして進んできた部分もあるけど、東京女子プロレスを一つの女子ブランドとして、もっともっと突き進んでいかなきゃいけない。やっぱり東京女子プロレスで両国国技館でやりたいです。今日この大会で一人でも多く東京女子プロレスのことが好きになってくれた人がいたら物凄く嬉しいし、悔しい部分はあるけど、私はもっともっと強く突き進んでいきたい。東京女子プロレスをみんなで大きくして両国国技館で単独でやりたいです。その光は今日少しでも見えてたらいいなと思います。ありがとうございました。

――悔しい部分は試合内容のことか

山下 そうですね。まだまだ、本当に悔しい部分が。もっとやれたはずです。だけど、こうやって結果として私の手元にベルトがある以上は、クヨクヨしていられないし、もっともっと突き進んでいかなきゃいけない。悔しい部分もあるけど、結果として、あの強い最高の坂崎ユカを倒せたことは自分にとって凄くチャンピオンとして大きなことなので。私は突き進んでいきます。

坂崎 いろんな…いろんなこと言いたかったけど、今…悔しいしかないです。せっかくさいたまスーパーアリーナに集まってきてくれた皆さんや、私を応援してくれる人たちに…今はなんて言ったらいいのかわかりません。すいません。

 

なお本大会はWRESTLE UNIVERSEでライブ配信された。アーカイブもUNIVERSEで視聴可能だ。

CyberFightFestival2021の各試合結果は下記の通り

▼STARTING BATTLE KICKOFF 東京女子プロレス提供10人タッグマッチ~鳥喰かやデビュー戦 15分一本勝負
角田奈穂&らく&原宿ぽむ&●桐生真弥&鳥喰かや vs 舞海魅星○&鈴芽&猫はるな&宮本もか&遠藤有栖
12分29秒 片エビ固め
※ラリアット

▼STARTING BATTLE 時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負 
○アントーニオ本多<12> vs 井上雅央●<5>
22分31秒 横入り式エビ固め
※< >内は入場順。
【退場順】
①○火野裕士<11> vs まなせゆうな●<10>
11分11秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○みんな vs 大石真翔●<2>/岡田佑介●<8>
11分31秒 体固め
※押さえ込む。
③○谷口周平<5> vs 桜井鷲●<9>
12分57秒 片エビ固め
※ファンキー・プレス
④○火野裕士 vs 高鹿佑也●<3>
13分6秒 体固め
※ダイビング・ボディープレス
⑤○井上雅央 vs 谷津嘉章●<1>
14分4秒 横入り式エビ固め
⑥○齋藤彰俊<5> vs 平田一喜●<4>
16分31秒 片エビ固め
※スイクルデス
⑦○モハメドヨネ<5>/○大鷲透<7> vs 火野裕士●/谷口周平●
17分11秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑧○井上雅央 vs 齋藤彰俊●
18分51秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑨○モハメドヨネ vs 赤井沙希●<6>
19分27秒 体固め
※キン肉バスター
⑩○大鷲透<7> vs モハメドヨネ●
19分3秒 十字架固め
⑪○アントーニオ本多/○井上雅央 vs 大鷲透●
19分4秒 エビ固め
十字架固めをひっくり返す。

▼STARTING BATTLE MAIN ガンバレ☆プロレス提供試合 15分一本勝負
大家健&石井慧介&●翔太 vs 勝村周一朗&岩崎孝樹○&今成夢人
8分43秒 片エビ固め
※垂直落下式リバースDDT

▼オープニングマッチ DDTvsNOAH対抗戦 15分一本勝負
飯野雄貴&●小嶋斗偉 vs 宮脇純太○&岡田欣也
7分39秒 変形腕ひしぎ逆十字固め

▼第二試合 東京女子プロレス提供3WAYタッグマッチ 15分一本勝負
辰巳リカ&渡辺未詩 vs ○中島翔子&ハイパーミサヲ vs 天満のどか&愛野ユキ●
8分4秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン

▼第三試合 DDTvsNOAH対抗戦 20分一本勝負
男色ディーノ&●スーパー・ササダンゴ・マシン vs 杉浦貴○&桜庭和志
9分25秒 体固め
※オリンピック予選スラム

▼第四試合 DDTvsNOAH対抗戦 20分一本勝負
●岡谷英樹 vs マサ北宮○
2分25秒 監獄固め

▼第五試合 東京女子プロレス提供試合 20分一本勝負
乃蒼ヒカリ&瑞希&●荒井優希 vs 伊藤麻希○&上福ゆき&小橋マリカ
13分2秒 伊藤パニッシュ

▼第六試合 NOAH提供試合 30分一本勝負
小峠篤司&○原田大輔&大原はじめ vs 小川良成&HAYATA&吉岡世起●
13分33秒 片山ジャーマン・スープレックス・ホールド

▼第七試合 DDT提供試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&勝俣瞬馬&●MAO vs 佐々木大輔○&遠藤哲哉&高尾蒼馬withマッド・ポーリー
14分36秒 クロスオーバー・フェースロック

▼第八試合 DDTvs金剛全面対抗12人タッグマッチ 30分一本勝負
○高木三四郎&彰人&樋口和貞&坂口征夫&吉村直巳&納谷幸男 vs 拳王&中嶋勝彦&征矢学&覇王●&仁王&タダスケ
19分59秒 エビ固め
※シットダウンひまわりボム

▼第九試合 DDTvsNOAH対抗戦 30分一本勝負
竹下幸之介&○上野勇希 vs 清宮海斗●&稲村愛輝
17分51秒 片エビ固め
※BME

▼トリプルメインイベントⅠ プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 坂崎ユカ●<挑戦者>
16分36秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート。第9代王者が初防衛に成功。

▼トリプルメインイベントⅡ KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○秋山準 vs HARASHIMA●<挑戦者>
18分53秒 TKO勝ち
※フロント・ネックロック→レフェリーストップ。第76代王者が3度目の防衛に成功。

▼トリプルメインイベントⅢ GHCヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>●武藤敬司 vs 丸藤正道○<挑戦者>
23分30秒 体固め
※虎王・零。武藤が3度目の防衛に失敗、丸藤が第35代王者となる。

(写真提供:CyberFight)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事