【新日本】試合前に高橋ヒロムが登場し大胸筋断裂の完治を報告!各試合の見どころ解説でオープニングを盛り上げる!!

新日本プロレスは6月7日(月)、大阪・大阪城ホールで『DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL』をスライド開催した。

第1試合前に負傷欠場中の高橋ヒロムが走りながらリングイン!

マイクで大胸筋断裂のケガについて無事完治を報告。

そして各試合の見どころを解説し、オープニングから場内を盛り上げた。

■高橋ヒロム「みんな、こんばんは~!テレビの前のみんなもこんばんは~!みなさん、今日はご報告があります。この、痛めていた大胸筋断裂のケガですが、無事完治いたしました~!こっから、ガンガン練習ぶっこいて、一気に復活してやんぞ~。


 
それじゃあ、早速、今日も注目の試合、いっちゃおうか?まずは第3試合!IWGPジュニアヘビー級選手権試合、王者エル・デスペラードvs挑戦者YOH。正直に言って、いまのデスペラードに死角はない。なんなら、俺が復帰して、挑戦してえくれえだわ!対するYOHは復帰して2カ月経ち、タッグチャンピオンとして実績を残してるのは事実。だけど!少しだけリング上での佇まいが、クールすぎるんじゃないのか~い?たとえ!汚くても!ダサくても!タイトルマッチは結果がすべてだ!それからSHOにも一言言いたい。この数カ月、自分の手で築き上げたものを、自分の手で壊すんじゃねえぞ?

からのセミファイナル~!スペシャルシングルマッチ、飯伏幸太vsジェフ・コブ!この群雄割拠の新日本プロレスが提供する、極上のシングルマッチ!この試合で勝ったほうは、極上の自信を得ることだろう。ちなみに、個人的なことですが、私、高橋ヒロムはジェフ・コブの身体に憧れています!ありがとうございます!

からのメインイベント~!第3代IWGP世界ヘビー級王座決定戦!オカダ・カズチカvs鷹木信悟!正直言って、オスプレイがケガでベルトを返上したとき、オイオイ、このタイトル、どうなってしまうんだって、非常に不安だったけど、この二人で新王者決めるんだったら、誰も文句ねえよな!(場内拍手)。リアル長身金持ちvs筋肉……、アレ、なんだっけ?筋肉ハイテンションおじさんだった~!あ~あ~あ~、大阪のお客さん、こんな試合見れてラッキーだな、オイ!拍手~!

 あ~あ~あ~、早く観たい×12、ヒロムちゃんの話を聞いてたら、見たくなってきただろ、みんな~?それじゃあ、いこうか?準備はできてるか?オイ、会場、盛り上がる準備はできてんのか~!?テレビの前のみんなも準備はできてるか?それじゃあいこうか6.7DOMINION、大阪城ホール大会の開幕だ~! みんな、盛り上がっていこうぜ~~!!よ~し、今日はそっから見ちゃおうかな~」

各試合の見どころを話し終えると、そのままリングサイドの解説席でも盛り上げた。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事