【東京女子】SKE48荒井優希、初シングル戦は舞海魅星に惜敗!「ちょっと強くなれた気がして。今日の試合をやらせてもらって、よかったなと思った」

 東京女子プロレスが6月17日、東京・後楽園ホールで「Additional attack」を開催。プロレスデビュー3戦目で、初のシングルマッチに臨んだSKE48荒井優希は舞海魅星に惜しくも敗れたものの、今後に期待をもたせた。

 5月4日、後楽園(無観客試合)でのタッグ戦、6月6日、「CyberFight Festival 2021」(さいたまスーパーアリーナ)での6人タッグ戦を経て、初シングルに挑んだ荒井は序盤ヘッドロック、アームロックを仕掛けるも、すぐに舞海に切り替えされてしまった。

荒井はエルボー連打、ビッグブーツで攻めるが、舞海はレッグロック、変型デスロックで反撃。足攻めから抜け出した荒井は怒涛のエルボー連打、ボディスラム、スリーパー、胴絞めスリーパーとたたみかけるも、舞海はなんとかエスケープ。

舞海は串刺しエルボー、串刺しラリアットを繰り出すも、一瞬の隙を突いた荒井はビッグブーツ、必殺のFinally(カカト落とし)を見舞うがカウントは2。

 10分過ぎ、激しいエルボーの打ち合いとなったが、ラリアットをかわした荒井が逆さ押さえ込みにいくも3カウントは取れず。再びFinallyを狙うも、かわした舞海はラリアットからミラマーレを決めてギブアップを奪った。

 舞海は「勝つことができたんですけど、危ないところがあってビックリしました。自分も同じなんですけど、荒井さんは発展途上だと思うので。技どうこうじゃなくて、向かってくる目つきとか表情とか感情をぶつけようっていう部分がすごいなって思ったし、ヤバいなって思いました。でも今日は舞海魅星の最大の武器である折れない魂が上回ったんじゃないかと思います。またいつでも闘いたいと思います。そして、皆さんにご報告がありまして、本日MSS48(魅星ストロングスタイル48)に合格者が2名おりまして。上福ゆき選手、荒井優希選手が合格でメンバーが3名になりました。残念ながら、MSS48は本日をもちまして解散になります」と荒井を称えた。

 荒井は「これ(Tシャツ)はもらいました。試合終わって、控室に帰ったら荷物の上に置いてあって。ちょっとは認めてもらえたみたいでうれしいですが、解散ということで。力強い先輩で、どこまでできるんだろうって不安が大きかったんですけど。今できることはできた気がするし。今回の試合に関しては、後悔とかなくて、精いっぱいできたから。今日出せなかったことがないくらい、出せたので、次に向けてまた練習とか頑張りたいなって思います。自分もワクワクできた試合になりました。すごく楽しかったです」とコメント。

 初のシングル戦だったが、荒井は「私は誰かと一緒の方が心強くて。今日は一人だったので、心細くて。でもちょっと強くなれた気がして。今日の試合をやらせてもらって、よかったなと思いました」と話した。

 4戦目は6月26日の東京・両国KFCホール大会になるが、「あと1週間ちょっとしかないんで、やっぱり毎回の試合で成長を見せたいので、短い時間ですけど、何かしら成長する姿を見せられたら」と前を向いた。

「どの部分で強くなれたか?」との問いに、荒井は「今までカカト落としは先輩のサポートなしでは出せなかった技なんですけど。今日シングルで“今だ!”と思って出すことができて。まさかできるとは思ってなかったので、すごくうれしかった」と笑みを見せた。

【大会名】Additional attack
【日時】2021年6月17日
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】474人

オープニングマッチ 20分一本勝負
天満のどか&愛野ユキ&○らく&原宿ぽむ 
vs 
鈴芽&猫はるな&宮本もか&遠藤有栖●
12分5秒 片エビ固め
※ドクターイエロー

第二試合 15分一本勝負
○中島翔子 vs 鳥喰かや●
7分47秒 無人在来線固め

第三試合 20分一本勝負
○上福ゆき&角田奈穂 
vs 
渡辺未詩&桐生真弥●
11分11秒 片エビ固め
※フェイマサー

第四試合 15分一本勝負
○舞海魅星 vs 荒井優希●
12分41秒 ミラマーレ

第五試合 20分一本勝負
○坂崎ユカ&瑞希 
vs 
辰巳リカ&ハイパーミサヲ●
11分49秒 片エビ固め
※魔法少女にわとり野郎

セミファイナル インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○乃蒼ヒカリ vs 小橋マリカ●<挑戦者>
11分13秒 ブリザード・スープレックス・ホールド
※第6代王者が初防衛に成功。

メインイベント プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>○沙希様&メイ・サン=ミッシェル 
vs 
<挑戦者組>山下実優●&伊藤麻希
19分9秒 TKO勝ち
※ベルサイユ式フットチョーク→レフェリーストップ。
第8代王者組が2度目の防衛に成功。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事