【東京女子】プリプリ王者・山下実優、沙希様との蹴撃戦を制しV2!「最高の状態でチャンピオンとして、トーナメントで優勝したい」

 東京女子プロレスが6月26日、東京・両国KFCホールで「Stand proud」を開催。プリンセス・オブ・プリンセス王者の山下実優が、NEO美威獅鬼軍の沙希様を破って、同王座2度目の防衛に成功。山下は7月22日に東京・新木場1stRINGで開幕する最強決定トーナメント「Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ」での優勝を誓った。

 山下はこれまで沙希様に1度も勝ったことがなく、6月17日、後楽園でのプリンセスタッグ王座戦でも敗れたばかりで、チャンピオンながら、どうしても負けられない試合となった。

 意外にもクリーンに握手で始まった一戦は、両者とも一歩も引かない壮絶な蹴り合いに発展。

10分過ぎ、山下はリターンクラッシュからアティテュード・アジャストメントにいくも決められず。

さらに山下は雪崩式アティテュード・アジャストメント、後頭部へのクラッシュ・ラビットヒートをたたき込むも沙希様はカウント2でキックアウト。

沙希様は強烈な張り手の連打、ハイキックから三角絞めで絞め落とそうとするも、山下は強引に持ち上げてマットにたたきつけて阻止。

三角絞め地獄から抜け出した山下はSkull kickを一閃。その後、ハイキックの相打ちとなったが、山下が正面からクラッシュ・ラビットヒートを見舞って3カウントを奪取した。

 山下は「私にとって、沙希様は本当に悔しい気持ちにさせられた一番の相手です。そんな相手にベルトを懸けたうえで勝てたのは、すごくうれしいです。初勝利です。この頼もしいパートナー(伊藤麻希)の応援のおかげ、お客さんの応援のおかげで防衛することができました。チャンピオンである私に限界なんてないんだよ!」とマイク。

 バックステージで山下は「沙希様はやっぱり強いなって思いました。ここで決められるなってところでラッシュをかけられたので、化け物かよって思いました。沙希様とはベルト懸けても、普通のシングルでも何度でもやりたい。憎たらしい相手ですけど。今日は勝ったけど、まだ1回なので。まだまだやりたい」とコメント。

 そして、「東京プリンセスカップ」に言及した山下は「トーナメントには出場したいですね。一番達成できてない部分でもあるので。最高の状態でチャンピオンとして、トーナメントで優勝して、その先に何を求めるかは優勝してから。トーナメントはかすりもしたことないので。チャンピオンとして、しっかり優勝を目指して頑張りたい」と話し、苦手とされるトーナメントでの初制覇を口にした。

 一方、2冠達成がならなかった沙希様は「あのペリカンさん。また、ワタクシが気が向いたらダンスして差し上げてもよくってよ」と不敵に語った。

【大会名】Stand proud
【日時】2021年6月26日(土)
【会場】東京・両国KFCホール
【観衆】202人(超満員札止め)

オープニングマッチ 20分一本勝負
○伊藤麻希&天満のどか vs 舞海魅星&鳥喰かや●
11分32秒 逆エビ固め

第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
○辰巳リカ vs 上福ゆき vs 遠藤有栖●
7分00秒 回転足折り固め

第三試合 20分一本勝負
中島翔子&○宮本もか vs 渡辺未詩&荒井優希●
10分15秒 羅生門

第四試合 20分一本勝負
●乃蒼ヒカリ&鈴芽&猫はるな vs 愛野ユキ&らく○&原宿ぽむ
13分10秒 クロスアーム式逆さ押さえ込み

セミファイナル 20分一本勝負
坂崎ユカ&瑞希&○小橋マリカ vs ハイパーミサヲ&角田奈穂&桐生真弥●
10分59秒 片エビ固め
※駆け上がり式ブルドッキング・ヘッドロック

メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 沙希様●<挑戦者>
16分27秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート 。第9代王者が2度目の防衛に成功。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事