【ガンプロ】「ガンプロミックスト・タッグトーナメント」は勝村周一朗&春日萌花が制覇!「3人でもう1回6人タッグのベルトを狙います」

 CyberFight傘下のガンバレ☆プロレスが6月27日、東京・板橋グリーンホールで、「イレイザーヘッド2021」を開催。8チームが参加した「第1回ガンプロミックスト・タッグトーナメント」の準決勝、決勝が行われ、勝村周一朗、春日萌花の「春勝蹴闘(しゅんかしゅうとう)」が制した。

 この日、勝村組は準決勝で、今成夢人、まなせゆうな組を撃破。朱崇花、冨永真一郎組を破って勝ち上がった石井慧介、HARUKAZEの「ハルカゼ興業」と決勝で激突した。

 序盤は勝村が得意の関節技でHARUKAZEを攻め立てて優位に進めた。その後、一進一退の攻防が続き、春日はHARUKAZEにフットスタンプを連発。

HARUKAZEはスピアで反撃すると、春日とエルボーの打ち合いに。春日はHARUKAZEに強烈なヘッドバットを見舞い、ダブルリスト・アームサルトを繰り出すもカウントは2。

ならばと春日はハイジャック式の極楽固めで絞め上げると、最後はダイビング・フットスタンプを投下し3カウントを奪取。勝村組が見事にトーナメント優勝を飾った。

 勝村が「ごほうびのチャンピオンベルトはないの?」と問い掛けると、本部席からは「7・11板橋で、メチャクチャ、スペシャルなチームとの対戦を用意させていただきます」との回答が返ってきた。

 続けて、勝村は「我々(GWC)6人タッグのベルトを落とした。必ず桜井(鷲)は復活する。3人でもう1回ベルトを狙います」とアピール。

 春日は「私たちが一番強いんだから優勝するのは当然。第1回優勝者として、胸を張って、ガンプロの歴史をつくり上げていきます」とマイク。

 バックステージで勝村は「ホッとしました。勝って当たり前とは言わないけど、絶対優勝しないといけいという思いがあったんで。こうやってガンプロを盛り上げていきたい」と、春日は「順当な結果。今日の一番のエネルギーは勝村さんに負けたくなかった」と話し、胸を張った。

 なお、同団体では9月25日に今年2度目となる聖地・後楽園ホール大会を開催することが決まった。

【大会名】イレイザーヘッド2021
【日時】2021年6月27日(日)
【会場】東京・板橋グリーンホール
【観衆】110人(超満員札止め)

第一試合 第1回ガンプロミックスト・タッグトーナメント準決勝 時間無制限一本勝負
<Weekend Lovers>朱崇花&●冨永真一郎 
vs 
<ハルカゼ興業>石井慧介○&HARUKAZE
7分31秒 回転エビ固め

第二試合 第1回ガンプロミックスト・タッグトーナメント準決勝 時間無制限一本勝負
<春勝蹴闘>○勝村周一朗&春日萌花 
vs 
<逆噴射紫炎軍>今成夢人●&まなせゆうな
11分38秒 三角絞め

第三試合 ジャケットマッチ 30分一本勝負
○大家健 vs チェリー●
7分56秒 反則勝ち
※帯での絞首刑

第四試合 ストリートファイト4WAYマッチ 30分一本勝負
翔太 vs ○ミス・モンゴル vs 松本都● vs 青木いつ希
0分34秒 片エビ固め
※ラリアット。あと2人は翔太、青木いつ希。

再試合 30分一本勝負
●翔太 vs ミス・モンゴル○ vs 松本都 vs 青木いつ希
15分56秒 片エビ固め
※ラリアット。あと2人は松本都、青木いつ希。

セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
大谷晋二郎&●島谷常寛 
vs 
入江茂弘&岩崎孝樹○
23分00秒 テキサス・クローバー・ホールド

メインイベント 第1回ガンプロミックスト・タッグトーナメント決勝戦 時間無制限一本勝負
<ハルカゼ興業>石井慧介&●HARUKAZE 
vs 
<春勝蹴闘>勝村周一朗&春日萌花○
18分25秒 片エビ固め
※ダイビング・フットスタンプ。春勝蹴闘が第1回ガンプロミックスト・タッグトーナメント優勝。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事