【ディアナ】高瀬みゆきに勝利した井上京子が高瀬&梅咲のタッグベルトに挑戦決定!ジャガーは3WAYマッチ制し防衛!7.4 新木場

ワールド女子プロレス・ディアナは4日(日)新木場1st RINGで主催大会を開催。

第1試合は中学生格闘家ななみ休業前のファイナルマッチでは、高い位置から振り下ろされるパンチが決まり、第2試合は、CRYSIS所属の佐藤綾子と、マドレーヌがそれぞれパートナーを迎え息をつく暇もない技の掛け合いに。第3試合は、現W.W.W.D世界エリザベス王者ジャガー横田がベルトをかけた戦いを繰り広げ、最終試合は、井上京子、高瀬みゆきのシングルマッチ厳しい技の応酬、互いに一歩も譲らない戦いを見せた。

各試合結果は下記の通り

第一試合:ななみ休業前ラストマッチ15分一本勝負
◯ななみ(12分28秒ダブルリストアームサルト)塚田しづく●

司会開始から積極的にななみが、塚田に技を仕掛けていく。背の高さを生かした上方向からのパッチや長い脚を生かしたななみの攻撃に、塚田は捕まるも、寝技でななみにダメージを与えていく。最終的にななみがダブルリストアームサルトで勝利する。

第二試合:タッグマッチ20分一本勝負
◯マドレーヌ&朱崇花 vs 佐藤綾子&デボラK●
(17分18秒ムーンサルトプレス/えび固め)

息のあった攻撃とダイナミックなの試合中終始続く試合内容。朱崇花のリズミカルだが破壊力のある回し蹴りは圧巻。

お盆職人である佐藤のお盆攻撃が炸裂し、体の柔らかく動きの早いマドレーヌの体技、デボラKの重厚な寝技などみどころ満載。

最後はムーンサルトプレスからのエビ固めでマドレーヌ&朱崇花の勝利となる。

 

第三試合:WWWD世界エリザベス選手権3WAYマッチ60分1本勝負
◯ ジャガー横田(12分10秒ジャガークラッチ)ドレイク森松●

※もう一人は旧姓・広田レジーナさくら

前回同様に、広田選手は試合序盤から会場の空気を自分に引き寄せるも、ほぼ初対戦のドレイク森松選手は終始自分の空気感を保ちながら試合がスタート。

挑戦を受ける形のジャガー横田選手は果敢に攻撃を仕掛けていく。

中盤で3選手ともに場外に同時に落ちる場面から流れが変わり、ジャガー横田選手が勝利しベルトを死守する。

試合終了後、森松選手よりW.W.W.D世界エリザベス王者のベルトへの再挑戦を受けた。

 

第四試合:シングルマッチ20分1本勝負
 ◯ 井上京子(17分18秒ナイアガラドライバー/エビ固め)高瀬みゆき●

お互い一歩も引かない戦いとなり、序盤での張り手の応酬で、井上の体には試合中に痣ができるなど、この試合の激しさを物語る。

どんなにきつい技を高瀬がかけても、不屈の精神でまた立ち上がる井上の姿を見て、高瀬が試合中に「マジで」と呟くほど。

最終的に井上が勝利する。

現在井上は、シングルベルト保有者であり、井上からのアイデアで、高瀬、梅咲遥が持つタッグベルトに挑戦する事がこの試合後に確定した。

(写真提供:ワールド女子プロレス・ディアナ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事