【東京女子】SKE48荒井優希がデビュー5戦目で初勝利を挙げ「東京プリンセスカップ」出場を熱望「東京女子の一員として、ぜひ出たいです!」

 東京女子プロレスが7月10日、東京・両国KFCホールで「Don’t miss the signs」を開催。SKE48荒井優希がプロレスデビュー5戦目で悲願の初勝利を挙げ、同団体の最強を決めるトーナメント「Ameba presents第8回東京プリンセスカップ」(7月22日、東京・新木場1stRINGで開幕)への出場を熱望した。

 5月4日、東京・後楽園ホールでのデビュー戦以降、4連敗を喫していた荒井は、前回の試合(6月26日、両国)でのタッグ戦でギブアップを奪われた宮本もかとシングルマッチで対戦。6・26両国で、宮本は自力初白星を荒井からマークしたが、両者ともに一騎打ちでの再戦を希望していた。

 2人はエルボーの打ち合い、ボディスラムの応酬などで激しくやり合った。

5分過ぎ、宮本は荒井から前回タップを奪った羅生門で絞め上げるも、荒井は押し潰して阻止し、逆さ押さえ込みで丸め込むもカウントは2。

荒井が必殺のFinally(カカト落とし)を放つも、宮本は腕でブロックして阻止。

それでも攻撃の手を止めなかった荒井はエルボー、ビッグブーツから2度目のFinallyをたたき込んで3カウントを奪取した。

 荒井は「まだまだ、まぐれじゃないかと思われるかもしれないですけど、練習してきたことがしっかり出せてうれしい。どんどん先輩に勝っていかないといけない世界だと思う。これからも負けずに食らいついて、いろんな姿を見せられるようにもっと成長していかなきゃなと思いました」と笑み。

「東京プリンセスカップ」の話に及ぶと、「東京女子の一員としてやらせてもらってるので、今日勝ったし、ぜひ出れたら出たいです。そのときは今日よりもいろんな技を出したりして、勝てたら、いろんな人に挑めたらうれしい」と出場に意欲を見せた。

 一方、敗れた宮本は「とても悔しいです。次に闘うときまで成長して頑張って勝てるようにしたい」と悔しさを噛みしめていた。

Don’t miss the signs
【日時】2021年7月10日(土)
【会場】東京・両国KFCホール
【観衆】202人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
●鈴芽&遠藤有栖 vs 猫はるな○&鳥喰かや
10分14秒
※ネコードブレイカー

▼第二試合 15分一本勝負
○天満のどか vs 桐生真弥●
8分20秒 体固め
※キルスイッチ

▼第三試合 15分一本勝負
●宮本もか vs 荒井優希○
7分26秒 片エビ固め
※Finally

▼セミファイナル インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○乃蒼ヒカリ vs らく●<挑戦者>
7分59秒 ブリザード・スープレックス・ホールド
※第6代王者が2度目の防衛に成功。

▼メインイベント Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ・プレバトル~スペシャル10人タッグマッチ 30分一本勝負
中島翔子&ハイパーミサヲ&瑞希&○辰巳リカ&渡辺未詩 vs 伊藤麻希&上福ゆき&角田奈穂&小橋マリカ●&舞海魅星
22分48秒 片エビ固め
※ミサイルヒップ

(写真提供:東京女子プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事