【新日本】IWGP世界王者・鷹木が飯伏にメッセージ「飯伏幸太!どんな状態であろうと東京ドーム、リングに上がってこい」

新日本プロレスは7月11日(日)、映画『ゴジラvsコング』Presents『SUMMER STRUGGLE in SAPPORO』北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ2連戦の二日目を開催した。

第5試合に登場したIWGP世界王者・鷹木はマスター・ワトとシングルで対戦。

試合は王者・鷹木が横綱相撲でワトを圧倒。

試合後、新型コロナワクチン接種後、副反応が出て欠場中の飯伏幸太に対し「飯伏幸太!どんな状態であろうと東京ドーム、リングに上がってこい」とメッセージを送った。

▼第5試合 30分1本勝負
マスター・ワト ×
vs
鷹木 信悟 〇
14分50秒  ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

鷹木「ビッグマッチのセミファイナルだぜ、オイ。ワトは頑張った方じゃねーか。少しは楽しめたよ。だが、まだ差があるな。また強くなった時は、ワト遊んでやるよ。

それはそうと、今日も飯伏は休みか。残念だ、飯伏。まあでも、仕方ねーな、こんなご時世だから。だがよ、飯伏、勝手に潰れんなよ! おまえを潰すのは、誰でもない、なんでもない、この俺だ!

7.25東京ドーム、こんなご時世でこんなこと言ったら怒られるかもしれねーけど、あえて言わせてもらう。飯伏幸太! どんな状態であろうと、東京ドーム、リングに上がってこい。もう一度言う。おまえを潰すのは、この俺だ」

ワト「あぁ、悔しい……おまえのレベルまで、鷹木、這い上がってやるよ」

<写真提供:新日本プロレス>

ストロングトークLIVEオンライン Vol.13「高橋ヒロムのもっともっと危険な夜会」
イベント詳細⇒https://proresu-today.com/archives/155039

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事