【東京女子】「第8回東京プリンセスカップ」に向け22選手が気炎!プリプリ王者・山下実優は「今年こそ獲りに行きたい」と初優勝を誓った!

 東京女子プロレスが7月14日、都内で真夏の最強女王決定トーナメント「Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ」の記者会見を開き、抽選で決まった組み合わせを発表。同会見にはエントリーした22選手(小橋マリカは学業のため欠席)が出席して気炎を上げ、プリンセス・オブ・プリンセス王者の山下実優、2連覇中の瑞希、伊藤麻希、ハイパーミサヲ、中島翔子らの実力者から優勝宣言が飛び出した。

 今年で8回目を迎えた真夏の祭典には史上最大の23選手が参加。同22日、23日の東京・新木場1stRINGで1回戦、同24日、25日の新木場で2回戦、同31日の東京・新宿FACEで準々決勝、8月14日の東京・後楽園ホールで準決勝、同15日の後楽園で決勝を行う。準々決勝終了後に、改めて準決勝の組み合わせ抽選が行われる。優勝者には冠スポンサーのAmebaから勝利者賞が贈呈される。

 団体の旗揚げ当初から、“エース”と呼ばれながらも、まだ優勝経験がない山下は開幕戦(7・22)で初出場の角田奈穂と1回戦で対戦する。山下は「こんなに選手が増えて、団体として大きくなっていくなかで、私はチャンピオンとして挑みます。トーナメントでは悔しい気持ちにさせられてばかりなので、今年こそ獲りに行きたい。(角田は)やられる前にやりに来てほしい。それくらいの気持ちでないと、私を倒せない」と王者の自覚。

 同ブロックでは前年、前々年覇者の瑞希が控え、原宿ぽむVS舞海魅星(7・22)の勝者と、2回戦(7・24)で激突する。瑞希は「この夏が来る度に、気が重くなる。トーナメントからの現実逃避をするんですけど。2連覇を果たすことができていて、応援してくれる皆さんが『頑張ってね』と言ってくださるので頑張らなきゃと思って。今回は始めから優勝しか見えてない。どっちが上がってきても、私は一番上しか見えてない」とキッパリ3連覇を口にした。

 3月に米AEW参戦を果たすなどメキメキと力を付けてきた伊藤は1回戦シードで、宮本もかVSらく(7・22)の勝者と2回戦(7・25)で対戦する。伊藤は「毎年同じことを言ってるんですけど、今年は必ず絶対優勝します。その優勝を獲りに行くだけなので、有言実行です。必ず夢を叶えます。去年、準決勝で瑞希にやられてて、今年は勝って瑞希超えをしたい。なので、瑞希選手、絶対に上がってきてください。伊藤麻希とやり合いましょう」と優勝宣言をし、準決勝以上での瑞希超えを誓った。

 一方のブロックでは、インターナショナル・プリンセス王者の乃蒼ヒカリが、前プリプリ王者の辰巳リカと1回戦(7・23)でいきなり激突する。乃蒼は「リカさんは初めてシングルを闘わせていただいた先輩で、そのときは全力を出し切ったうえでボコボコにされて負けたんですけど。今はチャンピオンとして闘っているので、全力を出し切ったうえでガッチリ勝ちに行きたい。(ハイパー)ミサヲさんとは先輩のなかでも唯一シングルをしたことがない相手で。ミサヲさんは私と一緒でデスマッチ好きなので、1回戦勝って、(2回戦で)ミサヲさんとデスマッチをしたい」とコメント。

 辰巳は「ヒカリは今インターナショナルのベルトを持っていて、防衛戦を重ねて、好きなデスマッチにも手を出し始めて。たくさん夢を叶えてるなって思うんですけど。この先の夢を叶えるのは大変なことなので、私が思い知らせたいと思ってます。その次はハイパミ(ミサヲ)、自他共に認めるくらいよく知る間柄で、苦楽をいっぱい共にしてきたので、私が必ず勝ち上がります。そして、必ず瑞希選手とシングルをしたいと思ってます。今までシングルで1度も闘ったことがないので。瑞希選手は必ず勝ち上がってくると思うので、私も勝ち上がってシングルしたい」と準決勝以上での瑞希戦を視野に入れていた。

 乃蒼VS辰巳の勝者と、2回戦(7・25)で対戦するミサヲは「初めてエントリーした年、欠場した選手の代打で1枠空いて、私と同期のもう一人、どちらかが入れるってなったんです。甲田(哲也代表)さんの判断で、私がその枠に入れたんです。その理由が『ハイパーミサヲはキャラの賞味期限が短そうだから、早めに消化しとくか』って。あの夏からずっと忘れてないので。絶対優勝して、賞味期限が私にはないってことを知らしめたい。ヒカリが上がってきたら、特別ルールでデスマッチやりたい。でも結局、私の気持ち的にはリカさんが上がってくると思ってるので。リカさんとは一番深い因縁があって、去年の11月20日、幻の引退試合の相手になってくれたけど、負けて。きっとあの負けはこのトーナメントにつながってたんです。だから私は優勝、その前に辰巳リカ超えします」と優勝を意識していた。

 第2回(15年)覇者の中島翔子は1回戦シードで、小橋VS天満のどか(7・23)の勝者と7・25で激突するが、「私はマリカにものどかにもシングルで負けたことはない。人数も増えて、第1回から出てるのは、今年は私と山下だけ。優勝経験もあって、去年は決勝で敗退で。一番を狙いに行くって心が重くなるので、楽しければいいなって思ってたんですけど。ある日から自分のファイトスタイルが見えてきて。それに向けて準備してきたのが、揃いかけてる気がする。つまり、今年一番になるしかないだろって。中島翔子が一番になります」と6年ぶりの優勝を期した。

 また、7月10日の東京・両国KFCホールでのシングル戦で宮本を破り、デビュー5戦目にして、初勝利を挙げ、このトーナメントへの出場を熱望していたSKE48荒井優希の参戦も決定。1回戦(7・23)で愛野ユキと対戦するが、「初めてのトーナメントで、ものすごく緊張してるんですけど。周りはみんな先輩で、先輩に勝っていくしかない世界だと思ってるので。ここでもしっかり自分を出して、成長した姿を見せられるように気合を入れて頑張りたいと思います」と意欲を見せた。荒井が愛野に勝利した場合、2回戦(7・24)で猫はるなと激突する。

 なお、荒井はトーナメントの勝敗にかかわらず、7月22日、23日、24日の新木場、同31日の新宿、8月7日の愛知・日本ガイシスポーツプラザ第3競技場、同14日、15日の後楽園に参戦することが決まった。

<そのほかのトーナメント出場選手のコメント>

★1回戦 7・22新木場 角田奈穂VS山下実優
角田「1戦1戦、確実に勝ち上がっていこうと思ってたんですけど。いきなりチャンピオンということで、99パーセントやられても、1パーセントの気合と根性でひっくり返す」

★2回戦 7・24新木場 角田VS山下の勝者 VS 上福ゆき
上福「私はシングルが大嫌いで、トーナメントとかになると、『何でこんなことするの?』って、いつも思ってます。だけど、やらなきゃいけないときはやらなきゃいけない。1個よかったのは、トーナメントのジーザス的な人がシードを与えてくれた。奈穂ちゃんと山ピーのどっちか勝った方と試合をすることになるんですけど、どんな風に上がってくるのか楽しみです。もし優勝したら、Amebaプレゼンツだし、サイバーのメチャメチャ偉い人にお願いして、メチャメチャ大きなバイクを買ってもらおうと思います。藤田(晋)さん、よろしくお願いします」

★1回戦 7・22新木場 原宿ぽむVS舞海魅星
原宿「シードがいいなって思ってたんですけど、引いたら4番で。幸せの4番だし、神様が頑張れって言ってるんだなって思ったんで、この調子で頑張っていこうと思います」

舞海「しっかり本番までに対策を考えて闘いに挑みたい。去年の夏、なりたい自分になりました。しかし、そこから1年、いろんなチャンスはつかんできたんですけど、なかなかものにできず。大きい勲章はまだつかめてません。ですが、そのおかげで超えたいものはたくさん見つけてきました。今年は覚悟の夏ということで、しっかり闘いに挑みたいと思います。ミラマーレショック、起こします」

★1回戦 7・22新木場 宮本もかVSらく
宮本「去年は出場することができなかったんですけど、今年は出場できてうれしいし、楽しみです。らくさんとはシングルはしたことがなく、初めてなんですけど。ベルトに挑戦したりで、勢いがすごいんですけど、負けずに頑張りたいと思います。(勝てば)伊藤さんとは何度かシングルをしたことがあるんですけど、すごい強いので、負けずに頑張っていきたいと思ってます」

らく「後輩とシングルをすることが初めてで。シングルで自力勝利をまだしたことがないので、初勝利を狙っていきたい。もかちゃんは勢いがついて、ヤバいなって思ってたところなので、絶対負けないよう頑張ります。(勝てば)伊藤さんはタッグパートナーでベルトに挑戦したことがあるし、強さは一番分かってるので、その抜けてるとこを突いていきたい」

★1回戦 7・22新木場 遠藤有栖VS桐生真弥
遠藤「初めてのプリンセスカップで、初めて真弥さんとのシングル。自分は成長してると思ってるので、それをぶつけたい。鈴芽さんとシングルしたいので、(1回戦で勝てるよう)頑張ります」

桐生「2回目のプリンセスカップに出られることをうれしく思ってます。有栖とは闘ったことがあまりなくて、有栖の闘いを見てて、とても心の強い選手だと思うので。油断できないと思ってます。ただ、有栖には鈴芽とシングルさせません。私が必ず勝ちますから」

★2回戦 7・25新木場 遠藤VS桐生の勝者 VS 鈴芽
鈴芽「有栖は自力勝利がまだとは言え、勢いがある子で、負けたくない相手の一人なので、上がってきたら負けません。真弥さんはシングルを1度させていただいて負けているので、上がってきたら絶対リベンジしてやろうと思います。タッグではベルトに挑戦したりして、前に進めてるなって実感はあるんですけど、シングルでは何も残せてなくて。だから、この夏、シングルでも頑張っていきたいと思います」

★1回戦 7・23新木場 渡辺未詩VS鳥喰かや
渡辺「3回目のプリンセスカップになるんですけど、去年、一昨年はベスト8までになれたんですけど、そこから先に進めてないので。3度目の正直ということで、前に進んで8人より上にいけるよう頑張りたい。この1年間、リカさんのベルトに挑戦したり、自分のなかでも成長し続けてる年だと思うので。1回戦は未知な鳥喰さんなんですけど、バードウオッチングする気持ちで、いろんな鳥喰さんを見て、闘って、勝って、進んでいきたい」

鳥喰「トーナメントに出させていただくこと、とてもうれしく思ってます。渡辺さんと以前闘ったとき、タッグマッチとはいえ、自分が渡辺さんの技で負けてしまったので、強いことは分かってます。シングルの経験は浅いですが、出るからには勝ちを目指して全力でやらせていただきたいと思います」

★1回戦 7・23新木場 愛野ユキVS荒井優希
愛野「去年は準々決勝でみずぴょんに負けてしまったんですけど。この1年でいろんな経験をして、それをそしゃくする時間もあったし、たくさん学んだので、去年より勝ち進みたいと思います。荒井優希ちゃん、彼女はデビューして間もないのに、もうシングルで自力初勝利を挙げていて、ポテンシャルや勢いとかすごいなって。私はまだリング上で出会ったことがないので、まずは初めましてをして、ぶっ倒したいと思います。もちろん優勝目指します」

★2回戦 7・24新木場 愛野VS荒井の勝者 VS 猫はるな
猫「シード取れてラッキーって感じです。どっちのゆきちゃんが上がってきても、猫ができることをやって、勝ちを目指していきたい」

★1回戦 7・23新木場 乃蒼ヒカリVS辰巳リカ

★2回戦 7・25新木場 乃蒼VS辰巳の勝者 VS ハイパーミサヲ

★1回戦 7・23新木場 小橋マリカVS天満のどか
天満「マリカとは同期として、もう6年くらい。1度もシングルで負けたことはありません。プリンセスカップ、デビューしてから毎年出てますけど、準決勝に行ったのが1度だけ。それ以外は全部初戦敗退。マリカが闘ってたときも、勉強してたときも、私はずっと大きく強くなってますので。今年、初戦敗退を抜けて、(2回戦で)中島さんも飛び抜けて、私がプリンセスロードを歩みたいと思います」

★2回戦 7・25新木場 小橋VS天満の勝者 VS 中島翔子

(写真提供:東京女子プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事