【WWE】イケメン二郎がトーナメント1回戦で敗戦も前向き「前を向いて進んでいきます!」

“ジャパニーズ・ハンサム・スタイル”イケメン二郎がNXTブレイクアウト・トーナメント開幕戦で対戦したデューク・ハドソンと熱戦を展開もボスマンスラムを決められて無念の1回戦敗退となった。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合前、二郎は「子供の時からWWEで試合をするのがずっと夢でした。で、その夢が今叶いました!大きい相手と戦うことも夢の1つだったので僕はもう今とてもわくわくしています」と意気込むと試合では攻撃をかわしながらコーナーポストで倒立してハドソンを挑発した。

さらに二郎がジャケット掌底4連打からTAJIRI直伝のタランチュラを披露すれば、パワーに勝るハドソンもベリー・トゥ・ベリーやアッパーカットを放って激しい攻防を展開。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤には二郎がブロックバスターから場外へのスプリングボード・ムーンサルトを叩き込んだが、最後はハドソンのボスマンスラムを食らってしまい3カウント。

優勝を目指していた二郎だったが、トーナメント1回戦で無念の敗戦を喫した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、二郎は「応援してくれた皆ありがとう。トーナメントで負けてしまったが、俺は前を向いて進んでいきます!練習を続けてNXTでベストを尽くします。皆ありがとう!NXTありがとう!」と英語でファンに報告した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事