【WWE】ジョン・シナが電撃復帰!王座防衛に成功したレインズを“You can’t see me”で挑発


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間7月19日、テキサス州フォートワースのディッキーズアリーナにて行なわれたPPV「マネー・イン・ザ・バンク」がライブ配信された。

王者ローマン・レインズと“R指定の男”エッジがPPV「マネー・イン・ザ・バンク」のユニバーサル王座戦で激突も、セス・ロリンズの介入でレインズが王座防衛に成功。さらに試合後にはジョン・シナが電撃復帰して“You can’t see me”のポーズでレインズを挑発した。

PPVメイン戦でレインズとエッジが対戦するとレインズが場外のサモアン・ドロップからポストや鉄製ステップにエッジを叩きつけて序盤を圧倒した。エッジもフラップジャックやDDTからクロスフェイスでレインズに反撃したが、これを回避したレインズがスーパーマンパンチを繰り出すとエッジがレフェリーに誤爆してしまう。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レフェリー不在の中、レインズが鉄パイプを持ち出したが、逆にエッジが奪ってレインズに鉄パイプ・クロスフェイス。このピンチにウーソズが救出に現れるもミステリオ親子が妨害すると、突如王座挑戦を目論むロリンズがエッジにスーパーキックを放って介入した。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

これでピンチを回避したレインズが止めを狙ったが、逆にエッジが執念のスピアーを叩き込むもレフェリーが遅れて現れてカウント2。エッジが次々と決定打を狙ったが、最後はレインズが隙を付いたスピアーでエッジを沈めて王座防衛に成功した。

試合後、ロリンズが再びエッジを襲撃して2人は場外乱闘となると、レインズはマイクを握って「全世界は俺を認めろ」と王座防衛を誇ったが、その直後に電撃復帰したジョン・シナが姿を現してレインズと対峙。シナは王座ベルトを見つめると“You can’t see me”のポーズで絶対王者レインズを挑発した。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事