【2AW】十枝利樹会長が新型コロナウイルス陽性判定

千葉密着・発信型プロレス団体の2AWは、同団体の会長である十枝利樹氏が新型コロナウイルス陽性判定との発表を行った。

なお濃厚接触者はご家族のみで、2AW選手・スタッフについては濃厚接触者はいない模様。

<以下、リリースより>

【弊社代表取締役会長 十枝利樹 新型コロナウイルス陽性判定のお知らせ】

弊社代表取締役会長 十枝利樹が高熱など体調不良の為、病院を受診し、新型コロナウイルス感染症を確認するためのPCR検査を受け、一昨日陽性と診断されました。

今後は管轄の保健所の指導の元、療養・必要な措置を進めてまいります。

濃厚接触者はご家族のみで、2AW選手・スタッフにつきましては濃厚接触者はおりません。

ファンの皆様、関係の皆様には大変ご迷惑・ご心配をおかけしますが、何卒ご理解ご了承の程宜しくお願い致します。

2AWではこれまで取り組んできた新型コロナウィルス感染症対策を継続し、保健所の指導のもと選手・スタッフ・関係者の安全を確保しつつ、ご来場頂くお客様が安心してご観戦頂ける環境づくりに努めてまいります。

有限会社 オンリーアドバンス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事