【2AW】大会の再開、所属選手の試合出場停止処分を発表

2AWは大会の再開と一部の選手・レフェリーの試合出場停止と報酬カット処分を発表した。

以下、リリースより

【大会再開のお知らせ】

弊社所属選手の新型コロナウイルス陽性判定および濃厚接触該当者の発生に伴い、7月24日より大会を中止しておりましたが、保健所のガイドラインに従い、指示がございました健康観察期間を経て、選手間では新たな陽性者が確認されなかったため、必要な措置を実施の上、8月15日(日)チーバトル105[千葉・2AWスクエア]より大会を再開いたします。

また陽性判定でした花見達也選手、チチャリート・翔暉選手につきまして、医療機関及び保健所から本人への指導に従い、健康状態の確認並びに再度の抗原検査を経て陰性が確認されました。
同じく陽性判定が確認されました、弊社代表取締役会長 十枝利樹については、現在病院での入院治療・療養をしております。

ファンの皆様並びに関係者の皆様には、大変ご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。

大会再開にあたりましては、感染予防対策を徹底し、また、安心してご来場いただけますよう選手・スタッフ一同、全力で努めてまいります。

お客様には、引き続き感染予防の取り組みに何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【選手試合出場停止処分について】

所属選手の新型コロナウイルス感染症陽性判定、並びに濃厚接触対象者の認定を受け、社内で聞き取り調査を行ったところ、一部の選手・レフェリーに重大な社内規定違反があったため、以下の者について一定期間の試合出場停止と報酬カット処分といたします。

チチャリート・翔暉…8月15日より2ヶ月間の試合出場停止及び報酬カット

浅川紫悠、若松大樹、仁木琢郎、菊池伴実…8月15日より1ヶ月間の試合出場停止及び報酬カット

ファンの皆様並びに関係者の皆様には、ご迷惑とご心配をおかけいたしますことをお詫び申しあげます。

今後、同様のことが起きないよう、改めて感染予防対策を徹底し、お客様に安心してご来場いただけますよう選手・スタッフ一同、全力で努めてまいります。

有限会社オンリーアドバンス

また、団体からの発表後に出場停止となった浅川紫悠が自身のTwitterにて「私の自宅にて団体の後輩達を招き会食をいたしました。それによる出場停止。団体ならびにお客様の皆様にご迷惑をおかけしてしまった事をお詫び申し上げます。」と理由を明かした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加