【新日本】現IWGPJrタッグ王者の石森&ファンタズモ組が田口&ワト組を破り2連勝!『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2021』

新日本プロレスは8月8日(日)、東京・後楽園ホールで映画『ゴジラvsコング』Presents『SUMMER STRUGGLE 2021』第10戦を開催した。

メインでは『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2021』公式戦が行われ、田口隆祐&マスター・ワト組(0勝1敗)が現IWGPジュニアタッグ王者の石森太二&エルファンタズモ組(1勝0敗)が対戦。

試合は現IWGPジュニアタッグ王者の石森太二&エルファンタズモ組の連携が冴え、田口とワトを寄せ付けず勝利を手にした。

試合後、勝利したファンタズモはマイクを手に取り「今日も楽勝だったな!変態尻野郎(田口)、ロッキーの野郎と組んでもオレたちに負けて、バカみてえな青髪のヤツと組んでももちろん結果は負けだ。」と屈辱のメッセージを送った。

映画『ゴジラvsコング』Presents SUMMER STRUGGLE 2021
日時:2021年8月8日(日) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:518人

<試合結果>

▼第5試合 30分1本勝負
『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2021』公式戦
マスター・ワト ×
田口 隆祐
(0勝2敗=0点)
vs
エル・ファンタズモ 〇
石森 太二
(2勝0敗=4点)
15分43秒  CRⅡ→体固め

▼試合後のマイクアピール

■ファンタズモ「今日も楽勝だったな!変態尻野郎(田口)、ロッキーの野郎と組んでもオレたちに負けて、バカみてえな青髪のヤツと組んでももちろん結果は負けだ。(ファンに向かって)拍手しろ! アリガトウ!コーラクエンホール、ジュニアタッグのスター、キューテストタッグチームの俺たちの試合を見にきてくれて感謝するぜ。

俺たちはワクチン接種が終わったが、オマエらも早く受けられるといいな。そしたら前みたいに満員の会場でまた試合ができる。そして”ELP!”、”ELP!”と大声で応援してくれよ(場内は手拍子で応える)。”レッツゴー、ボーンダディ!”もよろしくな。早くそうなってほしいな。


それからLA大会、『RESURGENCE』もこのままBULLET CLUBが暴れ回るぜ。ジェイがデビッド・フィンレーの野郎からNEVERのベルトを防衛してくれる。それからほかにも何かが起こりそうな予感がする。でも、オレたちはオレたちで『SUPER Jr. TAG LEAGUE』優勝っていう役目があるからな。


(実況席の)ミラノさん、この新作シャツがほしくないか?昨日はチャンスがなかったけど、今日こそプレゼントしてやろう。リングに上がってきてくれよ。

(ミラノ氏がフェンス前で立ち止まると)フェンスのせいで上がれないって?そうだった、悪い悪い。じゃ、また次の機会に。そのまま実況席に戻れ。(セコンドのヤングライオンに)おい、オマエ、腕をケガしてる奴だろ?リングに上がってこい」

そして欠場中の中島佑斗をリングに呼び込むと石森が捕まえ、ファンタズモが急所攻撃を見舞うと中島は悶絶。不敵な笑みを浮かべリングを後にした。

▼試合後バックステージコメント

ファンタズモ「リングで全部言いたいことは言った。またコメントしないとお前らの仕事がなくて困るのか? じゃあ言うが、俺はお前らが全員クビにされればいいのにって思ってる。だからコメントはしてやらない」
 
石森「今日もあっさり勝っちまったぞ、俺。田口は相変わらずだし、ワト、お前は成長が止まってねぇか、フハハハ! ちょっと身体能力が抜けてるだけじゃ、俺たちには通用しねぇぞ。飛んだり跳ねたり、カッコいい形だけ追求してもな、プロレスの要っつうのはそういうものじゃねぇんだよ。お前もな、よ~く考えろよ」
 
田口「(※コメントスペースに来るなり座り込んで)2敗は、2敗は厳しいわよね。2敗は厳しいわよね。…………2敗は、2敗は厳しいけど、まだあきらめないわ。夢を…夢を…あきらめないで。夢をあきらめないで」
 
※ワトはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事